このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000043985
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-2B-200706-01
事例作成日
(Creation date)
2007/06/14登録日時
(Registration date)
2008年05月07日 02時10分更新日時
(Last update)
2008年12月24日 20時55分
質問
(Question)
ビール瓶が633mlに統一されたのはなぜか。
回答
(Answer)
昭和15年、酒税法が改正されたときに、それまでばらばらだった各社のビール瓶の容量を一番少なかった633mlに統一したのが始まり。他説に、昭和19年麦酒配給統制㈱設立の際に、3.51合=633mlに統一されたとあり。
回答プロセス
(Answering process)
『世界大百科事典』では“ビール”“ビン”では記述なし。
当館書誌検索フリーワードで“ビール”דビン”で『びんの話』p.335に記述あり。
『日本の技術10 ビールの100年』p.85には「(前略)昭和十九年に大瓶は三合五勺一寸、…(後略)」とあり。
また、「税のQ&A」というサイトで「『税のプロムナード PART2』より」とあったため、当館の所蔵を確認するとあり。p.83に記述あり。
「ビール酒造協会HP」なんでもQ & A ( http://www.brewers.or.jp/helth-qa/index-qa.html ) なんでもQ & A にも「ビールの大びんの容量はなぜ633ml?」の記事があり。(2008年5月6日追記)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
租税  (345 9版)
参考資料
(Reference materials)
「びんの話」 (山本 孝造/著 日本能率協会,1990.11 ISBN 4-8207-0723-X 当館書誌ID:0000222725)
「ビールの100年」 (遠藤 一夫/著 日本の技術 10 第一法規出版,1989.8 ISBN 4-474-15150-X 当館書誌ID:0000163538)
[税のプロムナード Part:2」改訂版 (大蔵財務協会税のしるべ総局,1998.5 ISBN 4-7547-4101-3 当館書誌ID:0000679690)
「ビール酒造協会HP」なんでもQ & A ( http://www.brewers.or.jp/helth-qa/index-qa.html 2008年5月6日確認)
キーワード
(Keywords)
ビール瓶
酒税法
ビール
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
ビジネス
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000043985解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!