このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000043256
提供館
(Library)
秋田県立図書館 (2110003)管理番号
(Control number)
秋田-0962
事例作成日
(Creation date)
2008/03/31登録日時
(Registration date)
2008年04月02日 02時11分更新日時
(Last update)
2010年06月16日 15時40分
質問
(Question)
中国の呼称「もろこし」は、江戸時代より古い時代から使用されていたかを知りたい。使用されていた場合、そのことがわかる文献を教えてほしい。
回答
(Answer)
以下の資料に、「もろこし」を使用した文例が見つかった。
・『源氏物語』21「乙女(をとめ)」 "もろこしにももてわたりつたへまほしけなる夜のふみともなりとなむ" (『源氏物語大成』第三冊校異篇 池田亀鑑編著 中央公論社 1989 p.672)
・『枕草子』第34段「木の花は」 "唐土(もろこし)には限なき物にて文にもつくる" (『新日本古典文学大系25 枕草子』渡辺実校訂 岩波書店 1991 p.51)
 この他『日本国語大辞典 第二版』第12巻 小学館 2001 によれば、以下の資料にも「もろこし」の用例がある。
・『日本書紀』(720)推古15年7月(岩崎本訓) "大礼小野臣妹子を大唐(モロコシ)に遣す"
・『万葉集』(8C後)五・八九四 "勅旨(おほみこと)戴き持ちて唐(もろこし)の遠き境に遣はされ<山上憶良>"
・『宇津保物語』(970-999頃) 俊陰"もろこしに三度わたれる博士"
 以上により、江戸時代より古い時代から、中国の呼称として「もろこし」を使用していたことは間違いないかと思われる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813 8版)
参考資料
(Reference materials)
『源氏物語大成』第三冊校異篇 池田亀鑑編著 中央公論社 1989
『新日本古典文学大系25 枕草子』渡辺実校訂 岩波書店 1991
『日本国語大辞典 第二版』第12巻 小学館 2001
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000043256解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!