このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000042651
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3A-200703-09
事例作成日
(Creation date)
2007年03月15日登録日時
(Registration date)
2008年03月19日 02時13分更新日時
(Last update)
2014年08月05日 00時30分
質問
(Question)
通天閣のあたりにあったという「ルナパーク」とはなんでしょうか。
回答
(Answer)
『大阪モダン』(橋爪紳也著 NTT出版 )によると、明治36年に開催
された第五回内国勧業博覧会の跡地に大阪市が天王寺公園を建
設し、余った土地を民間会社に貸与し、一大娯楽場・新世界を建
設、そして明治45年7月3日、初代通天閣と共に開業した遊園地が
ルナパークであり、街の北側はパリ、南側はニューヨークのアミュ
ーズメントパーク・ルナパークを模し、街の中心にはエッフェル式高
塔の通天閣が配置されたようです。
 『明治大正大阪市史1巻』にも、ルナパーク内には動物園やメリ
ーゴーラウンド、飛瀑噴泉、演舞場等のほか、通天閣と白塔の間
に索道飛行船が設置され当時としては最も尖端的な遊覧場であっ
たと記述があります。
 『大阪新名所新世界写真帖』にルナパークをはじめ新世界の各
施設の写真と解説が載っています。
『新世界興隆史』』(徳尾野有成 新世界興隆史刊行会)によると、
開業当初は一日平均二万五、六千人の入場者でにぎわったルナ
パークは、その後数回の改造を重ね、大正14年に別会社に売却さ
れ興行街に生まれかわりました。
 大阪市立中央図書館では当時の様子を描いた絵はがきを所蔵
しており、大阪市立図書館ホームページのwebギャラリー「嗚呼懐
かしき新世界」
http://image.oml.city.osaka.lg.jp/image/themes/theme409.html
でもご覧いただけます。
 ちなみに現在、浪速区恵美須東にある通天閣は昭和31年に二
代目として再建され、平成18年に開業50周年をむかえています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216 9版)
参考資料
(Reference materials)
『大阪モダン』(橋爪紳也著 NTT出版 1996年 当館書誌ID:0000559889)
『明治大正大阪市史 1巻』(大阪市役所 日本評論社 1934年 当館書誌ID:0070031234 p790)
『大阪新名所新世界写真帖』(大阪土地建物 1913年 当館書誌ID:0000379723)
『新世界興隆史』(徳尾野有成 新世界興隆史刊行会 1934年 当館書誌ID:0080230556)
大阪市立図書館のホームページ   http://image.oml.city.osaka.lg.jp/image/themes/theme409.html
『新修大阪市史 6巻』(新修大阪市史編纂委員会 大阪市 1994年 当館書誌 ID:0000427809 p843~845)
『大阪人 2003年11月号 博覧会シティ・新世界』(大阪都市協会 当館書誌ID:5110615458)
キーワード
(Keywords)
通天閣
ルナパーク
大阪府大阪市浪速区
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
レファレンス協同データベース登録事例「①天王寺公園有料化したのはいつか。②通天閣が戦後再建されたのはいつか。」 http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000024489  (2009.1.22確認)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000042651解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!