このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000041906
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M08012710564673
事例作成日
(Creation date)
2008/01/27登録日時
(Registration date)
2008年02月17日 02時11分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
森田思軒(もりたしけん)について知りたい。
回答
(Answer)
 小田郡笠岡村(現笠岡市)出身の翻訳家。本名は森田文蔵。1861(文久元)年7月21日~1897(明治30)年11月14日。地元の私塾啓蒙社で学ぶ。1874(明治7)年慶應義塾の大阪分校で英語を学び帰郷、井原市の興譲館で漢学を学ぶ。1882(明治15)年に上京し、新聞記者として文筆活動に入る。1889(明治22)年にヴィクトル・ユーゴー『探偵ユーベル』の翻訳を皮切りに、ジュール・ベルヌの著作を相次いで翻訳・翻案し、明治期の代表的な翻訳家となる。代表的なものにはベルヌの『十五少年』、『大東号航海日記』やユーゴーの『死刑前の六時間』などがある。笠岡市笠岡西本町の生誕地碑があるほか、笠岡市立図書館に森田思軒顕彰コーナーが設けられている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本文学  (910 9版)
参考資料
(Reference materials)
『思軒森田文蔵小伝』森田章三郎著,1940年. 『森田思軒の社会的背景』富岡敬之著,1981年. 『伝記森田思軒 明治の翻訳王』谷口靖彦著,山陽新聞社,2000年. 『森田思軒とその交友』森田思軒研究会編著,松柏社,2005年. 『岡山の文学アルバム』山本遺太郎著,日本文教出版,1983年. 『岡山県歴史人物事典』山陽新聞社,1994年.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2008012710545564673
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000041906解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!