このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000041561
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M08010510562802
事例作成日
(Creation date)
2008/01/05登録日時
(Registration date)
2008年02月02日 02時12分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
永瀬清子(ながせきよこ)について知りたい。
回答
(Answer)
 赤磐郡豊田村(現赤磐市)出身の詩人。1906(明治39)年2月17日~1995(平成7)年2月17日。2歳の時に金沢市へ転居、石川県立第二高等女学校を卒業する。その後、名古屋に転居し佐藤惣之助に師事、詩作を本格化させる。結婚後、大阪に住み、1930(昭和5)年に第一詩集『グレンデルの母親』(歌人房)を出版、翌年、東京に居を定めると、1940(昭和15)年には『諸国の天女』(河出書房)を刊行、詩人としての地位を確立する。戦後は、故郷の熊山で農業を営むかたわら、詩誌「黄薔薇」、「女人随筆」を主宰。1987(昭和62)年の詩集『あけがたにくる人よ』(思潮社)で、地球賞、ミセス現代詩女流賞を受賞した。ほかに『星座の娘』(目黒書店 1946年)、『春になればうぐいすと同じに』(思潮社 1995年)などの詩集、『うぐいすの招き』(れんが書房新社 1983年)、『光っている窓』(編集工房ノア 1984年)、『すぎ去ればすべてなつかしい日々』(福武書店 1990年)などの随筆がある。赤磐市河田原の熊山橋そばと同市松木の熊山公民館正面入口横に詩碑がある。後者は旧湯原憩いの家(現真庭市豊栄)の廃止に伴い、同地に移設されたものである。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
『近代女性詩を読む』新井豊美著,思潮社,2000年. 『詩人永瀬清子の生涯』熊山町,1998年.         『女性史の中の永瀬清子 戦前・戦中篇』井久保伊登子著,ドメス出版,2007年. 『永瀬清子資料目録』熊山町教育委員会,2001年. 『岡山の現代詩』坂本明子著,日本文教出版,1972年.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2008010510505262802
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000041561解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!