このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000039208
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3A-200602-01
事例作成日
(Creation date)
2006/02/22登録日時
(Registration date)
2007年11月11日 02時10分更新日時
(Last update)
2009年08月17日 10時28分
質問
(Question)
北浜にあった日本ホテルの場所の正確な位置をを知りたい。
漢学者 後藤松陰の晩年の住居が幕末の大阪にあって、木崎愛吉著『篠崎小竹』にその住居が「今の北浜5丁目日本ホテル」の位置とある。それが正確には何処なのか。
回答
(Answer)
『大阪地籍地図』1巻「東区及接続町村之部」(p.5)に「日本ホテル」と明示あり。
現在の中央区北浜4丁目4-12附近にあたる。
回答プロセス
(Answering process)
『篠崎小竹』p.93 に「梶木町御霊筋西南角(当時北浜五丁目旧日本ホテル敷地)に移居す」とあり、1924年には既に存在しない。
『新修大阪市史』10巻(索引)より同4巻p.650に前著を典拠としたと思われる同様の記述あり。

『角川日本地名大辞典』第27巻の「梶木町」の項より、土佐堀通から1本南の東西の通りであることがわかる。
『大阪古地図集成』14図「改正増補国宝大阪全図」より、”カジキ町””ゴリヤウ筋”で位置を特定。
1枚ものの地図『東区』(昭文社、1987刊)で、北浜5丁目”シティバンク”の場所で位置を特定。
『大阪地籍地図』1巻「東区及接続町村之部」p.5で上記と同じ地点に「日本ホテル」と明示あり。

北浜5丁目は平成元年(1989年)2月13日東区と南区の合区の際に町名変更され、現在の中央区北浜4丁目4-12附近にあたる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
「角川日本地名大辞典」第27巻 角川書店 1983年 <当館書誌ID:0000184865>
「大阪古地図集成」玉置 豊次郎編 大阪都市協会 1980年 <当館書誌ID:0000253373>
「東区」昭文社、1987刊<当館書誌ID:0011203283>(1枚ものの地図)
「大阪地籍地図」1巻 吉江集画堂地籍地図編輯部 1911年<当館書誌ID:0080237672>
「篠崎小竹」木崎 愛吉/著 玉樹香文房,1924<当館書誌ID:0000520898>
「新修大阪市史」10巻<当館書誌ID:0000588399>・4巻<当館書誌ID:00225760>
キーワード
(Keywords)
北浜
日本ホテル
大阪府大阪市北区
後藤松陰
篠崎小竹
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
後藤松陰(ごとうしょういん) 1797‐1864 
江戸時代後期の儒者。生地の美濃(みの)(岐阜県)大垣で菱田毅斎(ひしだ‐きさい),ついで頼山陽(らい‐さんよう)にまなぶ。文政3年大坂で塾をひらく。詩文をよくした。妻は篠崎小竹の娘,町(麻池)。 
篠崎小竹(しのざきしょうちく) 1781‐1851
江戸時代後期の儒者。大坂の人。篠崎三島(さんとう)にまなび,その養子となる。江戸で尾藤二洲(びとう‐じしゅう),古賀精里(せいり)にまなび,帰坂後,家塾梅花書屋をつぐ。詩文,書にすぐれ,頼(らい)山陽らとまじわった。蔵書家としても知られた。
「日本人名大辞典」より 抜粋
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000039208解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!