このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000037651
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2007-018
事例作成日
(Creation date)
2007/02/08登録日時
(Registration date)
2007年09月21日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年10月03日 15時59分
質問
(Question)
蚊に刺されるとかゆいが、このかゆみの成分は何か。
回答
(Answer)
蚊の吸血時の唾液により人体にアレルギー反応が起こり、かゆみが発生する。かゆみの原因は体内の免疫反応のタイプにより分かれる。以下の資料を紹介する。『蚊の不思議』p196-198『蚊』p208『蚊の博物誌』p48
回答プロセス
(Answering process)
NDC分類(486.9)の書架にあたる。『蚊の不思議』p198『蚊』p208に蚊の唾液に対する人体の免疫反応の過程や種類が記載されている。また『蚊の不思議』のマウスによる実験結果の記述で「痒みの原因はヒスタミン、痛みの原因はセロトニンが主だといわれているが、これらの作用を抑える受容体拮抗薬を与えても掻き動作が軽減しないことから何か別物質が関わっているのではないかと考えられる」とあった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
昆虫類  (486 9版)
基礎医学  (491 9版)
参考資料
(Reference materials)
『蚊の不思議』(宮城一郎 東海大学出版会 2002)
『蚊』(池庄司敏明 東京大学出版会 1993)
『蚊の博物誌』(栗原毅 福音館書店 1995)
キーワード
(Keywords)
昆虫-蚊
免疫-アレルギー 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000037651解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決