このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000037504
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M07021716158079
事例作成日
(Creation date)
2007/02/17登録日時
(Registration date)
2007年09月13日 02時14分更新日時
(Last update)
2018年12月05日 00時30分
質問
(Question)
樫木網漁業の終焉について知りたい。
回答
(Answer)
資料によって「樫木網漁業」「樫木漁業」「樫木漁」などと名称が異なるが、内容は同じである。『岡山県大百科事典』よれば樫木網漁業はかつて児島湾で行われた定置網の一つで、「1948年(昭和23)を最後にその姿を消した」とあり、『岡山市史 社会編』には「二十三年六月二十九日より止め(六月二十八日七区の〆切をしたため)八月まで網をかけていたが取れぬのでやめた。かしあみの権利をもっているものは(中略)止める時は十六軒になっていた」とある。一方、『岡山市史 産業経済編』では児島湾淡水湖化に伴う漁業補償の中で「昭和26年、(中略)漁業補償と漁業権補償が成立し、児島湾の漁民はやむなく海を追われて転業していった」とする。また『児島湖』では「終に昭和二十六年、児島湖化の竣成を待ちきれず、最後に残る一組の六本樫も、威容を消滅させた」とある。一方『岡山の漁業』によれば「農林省が実施した昭和三十一年の児島湾の締切りによって、この漁業はできなくなった」とする。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
岡山市史編纂委員会編『岡山市史 産業経済編』岡山市役所,1966.
岡山市史編纂委員会編『岡山市史 社会編』岡山市役所,1968.
岡山県大百科事典編集委員会編『岡山県大百科事典 上巻』山陽新聞社,1979.
西川太『岡山の漁業 岡山文庫89』日本文教出版,1980.
同前峰雄『児島湖 岡山文庫125』日本文教出版,1987.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2007021716173758079
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000037504解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!