このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000037464
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M07030916158693
事例作成日
(Creation date)
2006/12/03登録日時
(Registration date)
2007年09月13日 02時13分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
日本全国にはどれくらいの数の寺子屋があったか
回答
(Answer)
石川謙著『日本庶民教育史』p.262-266.に,文部省編『日本教育史資料』所載の寺子屋表では,「全国の七割五分以上の地方を網羅して、15,560校の寺子屋を列挙している」とある。ただし、埼玉、茨城、岩手、奈良、香川、愛媛、沖縄の七県の報告がなく、調査の精粗が地方々々によって異なっていることが指摘されている。佐藤健一編『江戸の寺子屋入門』p.15.では,東京府や群馬県の例から『日本教育史資料』の数よりは多く存在したとの記述がある。 また,江戸教育事情研究会著『寺子屋の「なるほど!!」』p.28-29.では,高田稔氏による神奈川県内の調査結果が、神奈川県内に1,186校の寺子屋があったとしていることから、全国の寺子屋総数は『日本教育史資料』の総数15,564の「2倍から3倍、4倍の寺子屋が存在していたと考えられる」とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
教育史.事情  (372 9版)
参考資料
(Reference materials)
石川謙著『日本庶民教育史』玉川大学出版部,1998.p.262-266. 佐藤健一編『江戸の寺子屋入門』研成社,1996,p.15. 江戸教育事情研究会著『寺子屋の「なるほど!!」』ヤマハミュージックメディア,2004,p.28-29. 文部省編『日本教育史資料 8,9』臨川書店,1970.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2007030916114558693
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000037464解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!