このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000034374
提供館
(Library)
立命館大学図書館 (3310012)管理番号
(Control number)
L06-019
事例作成日
(Creation date)
2007年02月05日登録日時
(Registration date)
2007年04月06日 21時04分更新日時
(Last update)
2007年04月09日 15時37分
質問
(Question)
「軍事勅諭」の英訳文が見たい。
『The Meiji Japan through contemporary sources』(本学所蔵無し)
に掲載されていると思われるが、詳細不明との事。
回答
(Answer)
『The Meiji Japan through contemporary sources』 Vol.3 p235-241掲載あり
「The Imperial Precepts to the Soldiers and Sailors, January4, 1882」
回答プロセス
(Answering process)
① 【Japanknowledge】にて「軍人勅諭」で検索。『日本大百科全書』より、
  正式には「陸海軍軍人に賜はりたる勅諭(軍人勅諭)」とあり、1882年に公布された事がわかる。
  また、『Encyclopedia of Japan』より、英文では「Imperial Rescript to Soldiers and Sailors」。

②上記英文タイトルでGoogle検索すると、Wikipedia等ヒットするが解説のみで本文は無し。
  国立公文書館 アジア歴史資料センター、近代デジタルライブラリー検索するも、英訳文は見つからず。

  ※日本語本文はWeb上で全文公開あり(Wikisource等、複数)。
   また、本学所蔵資料『帝国陸海軍事典』「主要法令等」にも本文記載あり。
   他、アジア歴史資料センター ⇒「単行書・軍人へ直喩」1885年
      近代デジタルライブラリー ⇒「軍人勅諭写」等、関連資料オンライン公開あり。
   
③『The Meij Japan through contemporary sources』はVol.1~3からなる。
  所蔵館(奈良女子大学)へ参考調査。
  勅諭が下された1882年と、英文タイトルを参考に目次をご確認頂いた。

   ⇒上記資料 Vol.3 p235-241に下記掲載ありとご回答頂く。
     「The Imperial Precepts to the Soldiers and Sailors, January 4, 1882」

  辞書で確認したタイトルと一部異なるが、ご回答頂いたタイトルの方で再度Google検索したところ、
  Web上で英訳文も公開されていた。上記資料の掲載情報と併せてご案内。

   
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
国防.軍事  (390 9版)
参考資料
(Reference materials)
【Japanknowledge】「日本大百科全書」
『帝国陸海軍事典』大浜徹也、小沢郁郎編 (同成社)1995年
『戦後史資料集』塩田庄兵衛[ほか]編(新日本出版社)1984年
国立公文書館 アジア歴史資料センター http://www.jacar.go.jp/
国立国会図書館 近代デジタルライブラリー http://kindai.ndl.go.jp/
キーワード
(Keywords)
軍人勅諭
照会先
(Institution or person inquired for advice)
奈良女子大学
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
教員
登録番号
(Registration number)
1000034374解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!