このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000034224
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2006005153
事例作成日
(Creation date)
2006/11/7 0:00:00登録日時
(Registration date)
2007年03月30日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年03月30日 02時11分
質問
(Question)
深沢七郎著『楢山節考』は、姥捨伝説をもとにしているとのことだが、どこの地方を舞台にしたのか知りたい。
回答
(Answer)
深沢七郎のエッセイの中に、舞台は「山梨県東八代郡境川村大黒坂」とあった。

都立DBの著者に<深沢七郎>、収録作品名に<楢山節考>と入力し、検索結果の書誌情報を順次見ると資料1に「舞台再訪《楢山節考》 」とある。内容を確認した。

資料1:p.190に「拙作「楢山節考」は姥捨の伝説から題材を得たので信州の姥捨山が舞台だと思われているようだが、あの小説の人情や地形などは、ここ山梨県東八代郡境川村大黒坂なのである。」と書かれている。
p.407に解題があり、「「舞台再訪《楢山節考》」 は朝日新聞1969年11月27日に、「舞台再訪・私の小説から」として発表され、『舞台再訪-私の小説から』(三笠書房)・1971年、「別冊新評・深沢七郎の世界」(1974年7月)に収録された」とある。

出典とされる資料を確認した。
資料2:p.187に《楢山節考》がある。

『別冊新評 深沢七郎の世界』7巻2号(通巻第29号)(昭和49年7月15日)を確認したところ、p.22に《楢山節考》舞台再訪があり、『朝日新聞』昭和44年11月27日掲載とある。

[聞蔵2ビジュアル](朝日新聞オンライン記事データベース)で1969年11月27日の記事を見ると、「舞台再訪・私の小説から」が掲載されており「舞台はすべて山梨」の小見出しが付いている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
小説.物語  (913 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 深沢七郎集 第8巻 エッセイ 2 / 深沢七郎∥著 / 筑摩書房 , 1997.9 /J860/フ4/301-8
【資料2】 舞台再訪 : 私の小説から / 三笠書房 , 1971 /J026/25/71
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000034224解決/未解決
(Resolved / Unresolved)