このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000034123
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-1998-049
事例作成日
(Creation date)
1998/08/19登録日時
(Registration date)
2007年03月24日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年06月03日 15時48分
質問
(Question)
太宰治が「走れメロス」の着想を得たというシルレル(シラー)の「担保」という詩を探している。
回答
(Answer)
『太宰治 2 日本文学研究資料叢書』より、該当の詩はシラーの「Die Burgschaft」で、「担保」あるいは「人質」という題名で邦訳されており、『走れメロス』の粉本となったのは、小栗孝則訳「人質」(「新編シラー詩抄」改造文庫 1937 所収:国会図蔵)と判明。なお、同書には小栗孝則訳「人質」の全訳が掲出されている。
また、この詩の邦訳はこのほかに、木村謹治訳「担保」(「シラー選集 1」冨山房 1941 所収:国会図ほか蔵)、手塚富雄訳「人質」(『世界文学大系 18』筑摩書房 1959 所収)がある。
以上を回答する。
回答プロセス
(Answering process)
自館所蔵のシラーの著作にあたるが、「担保」は見あたらず。
太宰治の関係資料を探索すると、『太宰治 2 日本文学研究資料叢書』の「『走れメロス』材源考」に、シラーの「人質」と「担保」について記述あり。手塚富雄訳「人質」では、途中が省略して訳出されているとのこと。
また、「太宰治その風土」(小野正文 洋々社 1986:県内公共図)にも、「走れメロス」の筋書と構成はシルレルの詩「人質」(でデ・ベルグシャフト)を骨子とする旨の記述あり。

追記:「明治翻訳文学全集 新聞雑誌編35」(大空社 1999)にも、柴田守中訳「人質」が収録されている(2007/03/20確認)。
事前調査事項
(Preliminary research)
情報源:新潮文庫版「走れメロス」の解説によると、この詩は、「ギリシアのダーモンとフィジアスという古伝説によったシラーの『担保』という詩から題材をとっている」とのこと。
NDC
小説.物語  (913 9版)
詩  (941 9版)
特種目録  (027 9版)
参考資料
(Reference materials)
「新編シラー詩抄」(改造文庫 1937) (国会図蔵)
「シラー選集 1」(冨山房 1941) (国会図ほか蔵)
『世界文学大系 18』(筑摩書房 1959)
「明治翻訳文学全集 新聞雑誌編35」(大空社 1999) (国会図ほか蔵)
『太宰治 2 日本文学研究資料叢書』(日本文学研究資料刊行会 有精堂出版 1985)
「太宰治その風土」(小野正文 洋々社 1986)
 (県内公共図蔵)
キーワード
(Keywords)
太宰 治(ダザイ オサム)
Schiller Johann Christoph Friedrich von(シラー フリードリヒ)
日本文学-小説
ドイツ文学-詩
翻訳書目
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000034123解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!