このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000033287
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2006004650
事例作成日
(Creation date)
2006/2/9登録日時
(Registration date)
2007年02月10日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年11月17日 16時26分
質問
(Question)
昭和20年から昭和30年代の街頭紙芝居屋の数を知りたい。
回答
(Answer)
信頼するに足る全国的な統計は見当たらなかったが、数字が掲載されている資料を3点紹介する。
資料1の民間諜報局の統計「第1地区(東日本)の紙芝居業界」によると、紙芝居屋数は、1947年4月に793人、1948年10月に3,933人となっている。また、「街頭紙芝居貸元データ(1947年4月)」(民間諜報局資料)では、都内の15社の紙芝居屋数が合計840人となっている。
資料2の文中には、「東京近辺の紙芝居屋の数を昭和21年1月は6人、8月は800人、末には1,500人になった。昭和23年には東京では2,000人を越え、全国では3万人に及んでいた」と書かれている。
資料3には、大阪府の場合、「紙芝居条例」により、紙芝居を営業するには、「紙芝居業者免許証」が必要であったことと、「大阪府紙芝居業者数(紙芝居免許証交付者数)」が、1950年から1984年まで掲載されている。大阪府以外でも幾つかの自治体では、「紙芝居業者条例」を定めているので、他の自治体でも交付者数を調査することで、新たな数値が得られる可能性がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
大衆演芸  (779 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 紙芝居 : 街角のメディア / 山本武利∥著 / 吉川弘文館 , 2000.10 ( 歴史文化ライブラリー 103 ) K/779/5012/2000
【資料2】 紙芝居昭和史 / 加太こうじ∥著 / 旺文社 , 1979 K/779/9/79
【資料3】 紙芝居がやってきた! / 鈴木常勝∥著 / 河出書房新社 , 2007.2 ( らんぷの本 ) K/779.8/5011/2007
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000033287解決/未解決
(Resolved / Unresolved)