このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000031069
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2006004770
事例作成日
(Creation date)
2006/3/23登録日時
(Registration date)
2006年10月14日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年02月28日 20時07分
質問
(Question)
就職するにあたり有利となるパソコンの資格には何があるか。
回答
(Answer)
資料1 『国家試験資格試験全書』のジャンル別索引より「IT・パソコン」の項目を見る。資格の取得方法、受験資格、内容、問い合わせ先など詳細な情報は掲載されているが、就職するにあたり有利かどうかの視点での記述はない。
情報科学の情報産業関係の本、ビジネス情報コーナー「資格と仕事ミニコーナー」にある本を調査した結果、就職に結びついた件数など有利であるという客観的な統計データが掲載されている資料はなかった。
以下の資料に、具体的な資格名と共にその有用性についての記述がある。
資料2 第7章 「有利な資格をもとう」に、「資格を持っているとどうお得?」という項目と、基本情報技術者、ソフトウエア開発技術者、初級システムアドミニストレータ、オラクルマスター、情報処理活用能力検定(J検)の5つの資格が挙げられている。
資料3 第6章「資格試験ガイド」に、IT関連資格として8つの資格が詳細に紹介されている。
資料4 第4章 「求人で問われる取得資格は」では、「ITプロフェッショナルとして評価される資格」「情報システムプロジェクト達成に役立つ資格」「代表的なベンダー資格」「情報システムのコンサルに役立つ資格」等の項目の下に各資格が紹介されている。
資料5 「最強の資格・ベスト20」に、パソコン関連の資格3種が紹介されている。取得方法、試験に関する情報もある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
労働経済.労働問題  (366 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 国家試験資格試験全書 2007 / 自由国民社 , 20060101 /317.4/1/2007
【資料2】 図解ソフトウエア業界ハンドブック / 岩田昭男∥著 . 第2版 / 東洋経済新報社 , 2005.5 /007.3/5174/2005
【資料3】 図解情報・コンピュータ業界ハンドブック / 小山健治∥著 . 新版 / 東洋経済新報社 , 2003.6 /007.3/5247/2003
【資料4】 よくわかる情報システム&IT業界 / 新井進∥編著 / 日本実業出版社 , 2003.7 ( 業界の最新常識 ) /007.3/5254/2003
【資料5】 就職・転職のための最強の資格 : 超実践的資格ガイド 2004年度版 / 中村一樹∥著 / 一ツ橋書店 , 2002.11 /366.2/5257/2004
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000031069解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!