このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000025567
提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-03-002
事例作成日
(Creation date)
2003年03月登録日時
(Registration date)
2005年12月09日 08時11分更新日時
(Last update)
2005年12月09日 16時40分
質問
(Question)
森村誠一著『人間の証明』の中に出てくる西条八十の「麦藁帽子」という詩が収録されている詩集はあるか。
回答
(Answer)
『人間の証明』中に出てくる詩「麦藁帽子」は、大正11年(1922)2月1日、雑誌『コドモノクニ』に収録された童謡「ぼくの帽子」を初出とし、その後『少年詩集』(西条八十著 大日本雄弁会講談社1929)〔911.5-147〕に収録される際「帽子」と改題されている。『西条八十全集6 童謡Ⅰ』(西条八十著 国書刊行会1992)〔918.6-344-6〕にも収録されている。
回答プロセス
(Answering process)
① 『西条八十全集』(前掲)〔918.6-344〕の詩・童謡の巻の詳細目次をみていくが該当なし。
② 『人間の証明』(森村誠一著 角川書店1976)〔F-も〕を確認するが、文中に詩に関するその他の情報はない。
③ インターネット検索エンジンで、②で確認した詩中の句「霧積」と「西条八十」「森村誠一」「人間の証明」をキーワードに検索すると(金湯館 http://plaza15.mbn.or.jp/~kirizumikintokan) というホームページが検索され、温泉宿の解説として“森村誠一が大学生であった当時、金湯館に宿泊しハイキングに出掛けました。山の頂きで宿のお弁当の包み紙に刷られていた、‘母さん僕のあの帽子どうしたのでしょうね。ええ夏、碓氷から霧積へ行く道で渓谷へ落としたあの麦藁帽子ですよ。’で始まる、西条八十の‘帽子’の詩が目に留まり(以下略)”という文章があり、詩の題名が「帽子」である可能性が出てくる。もういちど全集の詳細目次をさがすが、該当する詩はない。
④ ③で検索されたほかのホームページを見ていく。霧積のもうひとつの温泉宿のページ(きりづみ館 http://www.newtons-eye.ne.jp/kirizumi) に、“お弁当の包装紙に、西条八十「少年詩集」(昭和初期発刊)から抜粋し、書かれたものです。”とある。『少年詩集』を自館システムで検索すると所蔵していることがわかる。この159pに「帽子」が収録されていることを確認する。
 ⑤ この詩の初出を調べるため、『西条八十全集』(前掲)の解題をみる。「少年詩集」の収録箇所には詩のタイトルと別の巻への参照記号のみが付されており、該当巻『西条八十全集6童謡Ⅰ』(前掲)304pに「ぼくの帽子」の解題として“一九二二年(大正一一年)二月一日「コドモノクニ」。『少年詩集』に収録の際、「帽子」と改題。”とある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
西条八十
霧積温泉
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
『なんでもきいてみよう』(県立長野図書館 平成15 第35集)収録レファレンス
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000025567解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ