このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000024799
提供館
(Library)
慶應義塾大学三田メディアセンター (3320003)管理番号
(Control number)
慶大三田-慶應福澤-005
事例作成日
(Creation date)
2004年10月14日 登録日時
(Registration date)
2005年11月18日 13時52分更新日時
(Last update)
2005年12月14日 09時00分
質問
(Question)
明治期の『西洋事情』と『学問のすゝめ』の価格及び出版部数を知りたい。
回答
(Answer)
 1.価格について
   【参考資料1】に収録されている、明治5年『慶応義塾蔵版目録』(K14-A@16-01)に、
   『西洋事情』については、 初編三冊 定価金三歩、 二編四冊 定価金一両、 外編三冊 定価金三歩
   『学問のすゝめ』については、定価銀3匁 と記載されています。

   また、同【参考資料1】内、明治12年『慶應義塾出版社発兌書目』(K14-A@17-01)において、
   「『西洋事情』初編三冊 定価七十五銭、 二編四冊 定価壱円、 外編三冊 定価七十五銭」
   「『学問スゝメ』初編より十七編迄 一編 定価三銭三里、 合本一冊 定価七十五銭」
   という記録を確認することができます。

 2.発行部数について
   【参考資料2】にて確認することができます。
   『西洋事情』については、p.444 西洋事情 の項に、
   「初編の如き著者の手より販売したる部数も十五万部に下らず、之に加うるに当時上方辺流行の偽版を
   以てすれば二十万乃至二十五万部は間違いなかるべし。」とあります。

   『学問のすゝめ』については、p.460 学問のすゝめ の項に、
   「学問のすゝめは一より十七に至るまで十七編の小冊子、何れも紙数十枚ばかりのものなればその発売頗る多く、
   毎編凡そ二十万とするも十七編合して三百四十万冊は国中に流布したる筈なり」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
出版  (023 9版)
参考資料
(Reference materials)
1) 慶應義塾福澤研究センター編.1989年.『福澤関係文書 [microform] 』.東京 : 雄松堂
2) 福澤諭吉著.2002年.『福澤諭吉著作集』.第12巻.東京.慶應義塾大学出版会
キーワード
(Keywords)
学問のすゝめ(学問のすすめ)
西洋事情
福澤諭吉
出版部数
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000024799解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ