このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000020280
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2004-026
事例作成日
(Creation date)
2004/07/20登録日時
(Registration date)
2005年02月17日 02時17分更新日時
(Last update)
2010年12月01日 10時56分
質問
(Question)
見沼通船堀の船割役として差配を行った鈴木家について知りたい。家柄、家系、行った事業、暮らしぶりなど。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介する。
『見沼代用水沿革史』(見沼代用水土地改良区編 見沼代用水土地改良区 1957)p1097-1138
『見沼土地改良区史 本編』(見沼土地改良区 1988)p865~
『見沼土地改良区史 資料編』(見沼土地改良区 1988)p615
『見沼通船堀』p61-62、p66-68
『浦和市史 通史編2』(浦和市総務部市史編さん室編 浦和市 1988)p423~
『浦和市史調査報告書』(浦和市総務部市史編さん室編 浦和市総務部市史編さん室 1982)p7~
『浦和市史研究』(浦和市総務部行政資料室編 浦和市総務部行政資料室)p27、p33(系図あり)
『見沼通船と小山田与清』(沼沢喬著 近代文芸社 1995)p40~
回答プロセス
(Answering process)
見沼通船堀は1731年に完成し、以後200年にわたり江戸との流通の水路になったものとのこと。鈴木家住宅は昭和57年に見沼通船堀と共に国指定史跡に指定。
以下の資料には家系についての記載なし。
『埼玉県人物誌』、『浦和の人物誌』、『埼玉縣名士鑑』、『浦和市史 通史編2』、『郷土をつくる人々』、『見沼田んぼを歩く』、『埼玉大百科事典 3』、『埼玉県誌 上』、『奉行井澤彌惣兵衛為永の事蹟』、『奉行井澤彌惣兵衛為永』
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『見沼代用水沿革史』 見沼代用水土地改良区 1957
『見沼土地改良区史 本編・資料編』 見沼土地改良区 1988
『見沼通船堀』
『浦和市史 通史編2』 浦和市 1988
『浦和市史調査報告書 』
『浦和市史研究 』
『見沼通船と小山田与清』 近代文芸社 1995
キーワード
(Keywords)
鈴木家-さいたま市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000020280解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決