このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000013778
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
人文-00038
事例作成日
(Creation date)
2004年5月14日登録日時
(Registration date)
2005年01月22日 13時45分更新日時
(Last update)
2005年12月10日 16時56分
質問
(Question)
ピーターパンの戯曲を探しています。
ネット検索で、元々「小さい白い鳥」(The little White Bird)という3幕構成の戯曲であったこと、その後「ケンジントン公園のピーターパン」→「ピーターパンとウェンディ」と変わっていったことまではわかりましたが、日本語に訳されている文献が存在するのかどうか、教えてください。
回答
(Answer)
お問合せの内容から、当館のこども資料室と人文系資料室とで調べました。
「ピーターパン」は、戯曲と読物との混同がありますので、まず、概要について、こども資料室の調査結果を記します。
 ①『オックスフォード世界児童文学百科』(原書房) より関連の部分を抜粋します。
 『白い鳥』The Little White Bird(1902)の項。p.363-364
J・M・バリの小説。ピーター・パンを描いたはじめての小品が収録されている。
  (中略)
 『白い鳥』のなかの「ピーターパン」にかんする章は、1906年にアーサー・ラッカムのさし絵をつけて『ケンジン トン公園のピーター・パン』(Peter Pan in KensingtonGarden)として再刊された。
  これは、ラッカムの出世作である。芝居の『ピーター・パン』を小説化した『ピーターとウェンディ』(1911)と混同してはならない。

 『ピーター・パン』の項。p.643-648
バリは、1928年になってようやくこの戯曲を出版した。それは、部分的には小説ともいえる翻案で、舞台用台本とはいくらか異なっていた。しかしながら、1911年に出版された『ピーターとウェンディ』で、バリは物語を小 説形式に書き直しており、これは多くの点で上演された劇にも近かった。
   (戯曲の構成の変遷と初演以来の公演史については、この項に詳細あり)

 『バリ,J・M』の項。p.612-617
『白い鳥』は『ピーター・パン』への足がかりにすぎなかった。
  (バリの人生と『ピーター・パン』の誕生が絡めて詳解されている)

 以上3項目をみて、『ピーター・パン』がまず劇として先行して、後に戯曲として出版されたことが分かりました。

 ②『図説子どもの本・翻訳の歩み事典』 柏書房 より。

 『ピーター・パン』の翻訳
  バリー作 菊池寛、芥川竜之介訳 小学生全集34 興文社・文芸春秋社 1924(昭和4)イギリス
 「小学生全集」の責任編集者の2人が、『ピーター・パンとウェンディ』を、原作の章立通りに丁寧に訳出。この頃から戯曲の『ピーター・パン』も翻訳され始める。

 戯曲として翻訳されたことが、判明。

 以上の調査をもとに、人文系資料室で検索の結果、当館では、2冊所蔵していました。
 ③『世界少年少女文学全集31 世界児童劇集』 東京創元社 
   ピーター・パン  おとなになりたがらない子ども 五幕
     バリー作 北村喜八訳 p.5~97
  解説p.383~385 には、はじめ、脚本として書かれたもので、1904年12月のクリスマスに、ロンドンの「デューク・オブ・ヨーク座」で初演されました。
  次いで、ケンジントン公園で活躍するピーターを物語に書いて、1904年に出版。
  さらに、芝居のピーター・パンを物語に書きかえて、1911年に出版したのが『ピ-ター・パンとウェンディ』。

  ピーター・パンの脚本が脚本のままのかたちで、活字になって出版されたのは、芝居がはじめて上演されてから25年後の1928年で、この本は、これを訳したものと書かれています。

 ④『近代劇全集42 英国篇』 第一書房  p.13~176 
   ピーター・パン(五幕)
      (一名、大きくなりたがらない少年)  澤村寅二郎訳


  もし、もっと簡略化されたものをお探しでしたら、学校の英語劇用に教師が生徒とつくりあげた下記の資料があります。
   ⑤『みんなで創る英語劇1』  岡田陽ほか/編集 玉川大学出版部 1987  p.79~112 
      ピーター・パン ジェームズ・バリ原作 大澤富枝脚本 対訳があります
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
戯曲  (932 8版)
参考資料
(Reference materials)
①『オックスフォード世界児童文学百科』 ハンフリー・カーペンターほか/著 原書房 1999 1003p
②『図説子どもの本・翻訳の歩み事典』 子どもの本・翻訳の歩み研究会/編 柏書房 2002 398p 図版14p 
③『世界少年少女文学全集31 世界児童劇集』 秋田雨雀ほか/作ならびに訳 東京創元社 1954 398p
④『近代劇全集42 英国篇』 第一書房 1930 580p
⑤『みんなで創る英語劇 1』  岡田陽ほか/編集 玉川大学出版部 1987 180p
キーワード
(Keywords)
ピーターパン
白い鳥
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000013778解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!