このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000013464
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2004002756
事例作成日
(Creation date)
2004/01/15登録日時
(Registration date)
2004年12月28日 02時19分更新日時
(Last update)
2007年03月02日 19時12分
質問
(Question)
封蝋の歴史と、いつ封蝋からノリの使用になったかについて書かれた本はないか。
回答
(Answer)
各室での調査を基に回答。
<封緘・印章の観点から>
資料1に近世ヨーロッパのハンコの主な用途として封蝋に触れられており、第一次大戦後、郵便制度の発達、貴族の没落などにより衰退したことが記されている。同著者による資料2、3にも同様の記述あり。資料3には、巻末に参考文献・図版出典もあり。
<のり、接着剤の観点から>
資料4の「十九世紀の接着事情 その二」の章に糊つき封筒の製造について記述があったが、具体的な年代や国・地域などの記述はなし。
<事物起源の観点から>
資料5の「封蝋」の項に、18世紀に封緘紙が登場し、蝋の使用が禁じられた事例について記述あり。百科事典類にも記述あり。資料6の「印章」の項には、「ヨーロッパでは押印材として16世紀以後は封蝋、封のりなどが使用されるようになったが、16世紀ころから印章は軽んじられ、18~19世紀から公文書以外は署名をもってすませるようになった」とあり。
<郵便関係の観点から>
資料7には、外国に郵便を送る際の封蝋の使用方法、使用目的の記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
通信事業  (690 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 ハンコの文化史 : 古代ギリシャから現代日本まで-ハンコと人間の五千年 / 新関欽哉∥著 / PHP研究所 , 1987.1 ( 21世紀図書館 82 ) /7390/48/87
【資料2】 東西印章史 / 新関欽哉∥著 / 東京堂出版 , 1995.6 /7390/3021/95
【資料3】 ハンコロジ-事始め : 印章が語る世界史 / 新関欽哉∥著 / 日本放送出版協会 , 1991.9 ( NHKブックス ) /7392/3001/91
【資料4】 接着おもしろテクノロジ- / 本山卓彦∥著 / 日刊工業新聞社 , 1996.5 /5799/3014/96
【資料5】 西洋事物起原 1 / ヨハン・ベックマン∥著 / ダイヤモンド社 , 1980.10 /0330/10/1
【資料6】 世界大百科事典 [1988年版] 3 イン-エン / 平凡社 , 1988.3 DR/0310/45/3
【資料7】 最新郵便用語事典 / 郵便用語事典研究会∥編 / ぎょうせい , 1986.4 R/6930/19/86
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000013464解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!