このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000011777
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
4740
事例作成日
(Creation date)
2004年09月13日登録日時
(Registration date)
2004年10月21日 15時42分更新日時
(Last update)
2017年09月04日 14時22分
質問
(Question)
表の横の並びを「行」、縦の並びを「列」と言うのはなぜか
回答
(Answer)
「広辞苑」で「行」をひくと
文字などの縦または横のならび、とあります。

(確かに、縦書きのときは、縦の文字列を一行と考えます。
「改行」ということばは縦書きのときにも横書きのときにも
使いますね)

「列」をひくと、その意味には、縦とか横とかいう概念は含まれて
いないような印象を受けました。

「行列」をひくと、
数学用語では「・・・横ひとならびの要素を行列の行、
縦ひとならびの要素を行列の列という。」という記述があり、
「表」の「行」、「列」の概念に近いものがあります。



他にも

全13巻からなる「日本国語大辞典(小学館 2000.12)」で
「行」、「列」、「行列」、「表」のことばをひいて見ましたが
特にこのことについて参考になりそうな記述はありませんでした。

また

「図説漢字の成り立ち事典(辻井京雲/著 教育出版 1993.10)」も見てみましたが
特にこのことについて参考になりそうな記述はありませんでした。

(インターネットで関連するかもしれない内容がありましたので
ご参考までに紹介させていただきます)

http://www004.upp.so-net.ne.jp/s_honma/mathhistory.htm

「 行列式のことを、ドイツ語では Determinante(Gauss の命
名)、
英語では determinantまた、行列のことを、英語では
 matrix(Sylvester の命名)というが、
明治の日本では、あまりいい邦訳はなかった。
行列式はデテルミナント、行列は方列などと呼ばれていた。こ
れらを、現在の呼び名である行列式、行列としたのは、高木貞治である。

(参考文献:永田雅宜 著 線形代数の基礎(紀伊國屋書店))」


http://www.nn.iij4u.or.jp/~hsat/techterm/matrix.html

「・・・数学用語としての matrix は「行列」。行と列で出来ているからであるが,
こういういい訳をつけたのは代数学者高木貞治であるという。大体この時代に付けた
日本語訳は名訳が多い。唯一失敗したのは「有理数」rational number だろう。
Rational を「理性のある」と解したのがそもそも間違いで, 「比の」という意味で
あることに気付かなかったのが失敗の元である。だから「有比数」の方がいいだろう
という人がいるのだが, 今更変えるわけにはいかない。 (因みに行列は中国では
「矩陣」 と呼ぶらしい)

閑話休題。Matrix は英和辞典を引くと「母体」と出ているが, もともと数学では連
立一次方程式が解けたり解が一意に定まらなかったり, 解がまったく存在しないとい
うものを判定する方法として行列式 determinant (直訳すると「決定式」) というも
のが研究されていたのだが, その行列式を生成するいわば母体としての係数行列を
matrix と名付けたものらしい。複数形は matrices である。・・・」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
国立国会図書館関西館図書館協力課 (@crd_tweet)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
表の横の並びを「行」、縦の並びを「列」と言うのはなぜか
https://t.co/WAGmis0x3R
国立国会図書館関西館図書館協力課 (@crd_tweet)
https://twitter.com/crd_tweet/status/745811431254196224
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000011777解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!