このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2646
事例作成日
(Creation date)
2020年02月17日登録日時
(Registration date)
2022年01月21日 14時22分更新日時
(Last update)
2022年01月21日 14時22分
質問
(Question)
男性と女性の平均寿命の差についてわかる資料はあるか。
また、その差の要因について記載のある資料はあるか。
回答
(Answer)
 1 平均寿命とは
 (1) 『図解看護・医学事典 NURSING & MEDICAL 
    DICTIONARY』 
    井部俊子/監修 医学書院 2017.11
    p.839 「平均寿命 natural span, life span」
    「現在の死亡傾向が続くと仮定した場合、
     0歳児がその後の平均何年生きることができるかを予想したもの、
     すなわち0歳児の平均余命である。」

2 日本の男女の平均寿命の統計
 (1) 厚生労働省 「生命表(加工統計)」(令和3(2021)年11月10日確認)
     https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/list54-57.html
    厚生労働省のウェブサイト上で生命表が公開されており、
    0歳時の平均余命を見ることで、その年の平均寿命を確認することができます。
    毎年作成される簡易生命表や、5年に1度作成される完全生命表、
    都道府県別生命表などは、以下の統計書等で参照されています。

 (2) 『日本統計年鑑 第70回(令和3年)
    Japan Statistical Yearbook』
    総務省統計局/編 総務省統計局 2020.11
    p.77 「2-21 年齢別平均余命の推移(明治24年~平成30年)」
    p.77-78 「2-22 生命表(平成30年)」

 (3) 『国民衛生の動向 2021/2022
    JOURNAL OF HEALTH AND WELFARE
    STATISTICS』
    厚生労働統計協会/編集 厚生労働統計協会 2021.8
    p.82-85 「第3章 生命表」
    p.83には昭和22(1947)年から令和元(2019)年までの男女の平均寿命の推移が
    あります。
    また、p.412、413には令和元(2019)年の簡易生命表、p.416には平成27年の
    都道府県別生命表、p.417には平成27(2015)年の年次・都道府県別の平均寿命の
    表があります。
   
  そのほか、下記の統計書にも平均寿命についての記載があります。
 (4) 『日本の統計 2021』 総務省統計局/編 日本統計協会 2021.3
    p.30 「2-19 日本人の平均余命(令和元年)」

 (5) 『統計でみる日本 2021』 日本統計協会/編集 日本統計協会 2021.1
    p.12-13 「2.4 死亡率と平均寿命」

 (6) 『日本国勢図会 2021/22 日本がわかるデータブック』
    矢野恒太記念会/編集 矢野恒太記念会 2021.6
    p.468-469 「平均寿命」

3 世界の男女の平均寿命の統計
 (1) World Health Organization
    「THE GLOBAL HEALTH OBSERVATORY Woeld Health Statistics」
    (令和3(2021)年11月10日確認)
     https://www.who.int/data/gho/publications/world-health-statistics
    WHOに加盟している国や地域の健康統計が閲覧できます。
    2021年版では、「Full report」のリンクからダウンロードできるPDFファイル
    の中に、「ANNEX 2 Part 1」という表があり、その中の「Life expectancy at birth」
    の項目が、平均寿命にあたります。
    なお、データ群のもととなる一次データは、定義やデータ収集の方法などにより、
    異なる場合がある、との注意書きがあります。

 (2) 『世界統計年鑑 62集(2019) 原タイトル:Statistical
    Yearbook』 
    国際連合統計局/編集 原書房 2020.1
    p.35-50 「3 人口増加率および出生・死亡に関する指標」
 
 (3) 『国民衛生の動向 2021/2022
    JOURNAL OF HEALTH AND WELFARE
    STATISTICS』
    厚生労働統計協会/編集 厚生労働統計協会 2021.8
    p.82-85 「第3章 生命表」
    p.84には平均寿命の国際比較の項目があります。
    また、p.414には平均寿命の国際比較の表があり、
    データの元になる年にばらつきがありますが、
    複数の国の男女の平均寿命が確認できます。

 そのほか、下記の統計書にも平均寿命についての記載があります。 
 (4) 『世界の統計 2021』 総務省統計局/編 総務省統計局 2021.3
    p.51 「2-16 男女別平均寿命・健康寿命(2016年)」

 (5) 『世界国勢図会 2021/22年版 世界がわかるデータブック』
    矢野恒太記念会/編集 矢野恒太記念会 2021.9
    p.86-93 保健統計(Ⅰ)~(Ⅳ)

 (6) 『統計でみる日本 2021』 日本統計協会/編集 日本統計協会 2021.1
    p.12-13 「2.4 死亡率と平均寿命」

4 男女の平均寿命の差の要因について
  以下の資料に、男女で寿命が異なる要因の記載がありました。
 (1) 『老化生物学 老いと寿命のメカニズム』 ロジャーB.マクドナルド/著
    メディカル・サイエンス・インターナショナル 2015.9
    p.199-217 「7章 ヒトの寿命」

 (2) 『生命の持ち時間は決まっているのか
    「使い捨ての体」老化理論が開く希望の地平』
    トム・カークウッド/著 三交社 2002.07
    p.261-276 「第13章 女性はなぜ男性よりも長生きするのか?」
    p.277-297 「第14章 ゲノムに願いを」

 (3) 『生命、エネルギー、進化 原タイトル:THE VITAL
    QUESTION』
    ニック・レーン/〔著〕 みすず書房 2016.9
    p.272-319 「7 力と栄光」

 (4) 『男と女の性差 サルと人間の比較』 G.ミッチェル/〔著〕 紀伊國屋書店 
    1983.4
    p.200-210 「20 けがと病気と障害」

 (5) 『男性百歳の研究』 秋坂真史/編著 九州大学出版会 2000.04
    p.37-50 「第3章 長寿の性差に関する概要」

 (6) 『最新性差の医学的アプローチ 公開シンポジウム「男と女;性差を考える」』
    日本学術会議泌尿生殖医学研究連絡委員会/編集 メジカルビュー社 1996.06
    p.8-25 「男女の寿命と疫学」

 その他、確認資料です。
 (7) 『「つながり」と健康格差 ポプラ新書』 村山洋史/著 ポプラ社 2018.5
    p.123-149 「第4章 不仲な夫婦関係は、独身よりも体に悪い」

 (8) 『なぜ男は女より早く死ぬのか SB新書』
    若原正己/著 SBクリエイティブ 2013.12
    p.167-196 「第5章 本当に男は生物学的に役立たずなのか」

 (9) 『女は筋肉男は脂肪 集英社新書』 樋口満/著 集英社 2020.1
    p.17-30 「第1章 男女の健康問題を比べてみる」

 (10) 『がんで男は女の2倍死ぬ 朝日新書』 田中-貴邑冨久子/著 朝日新聞出版 
    2008.10
    p.13-34 「第1章 がん・心臓病・脳卒中
         ――男性のほうがかかりやすく、死亡率も高い」
    p.171-210 「第7章 「男らしさ」は短命のもと?」
    p.233-253 「第8章 日本人の寿命の性差は先進国のなかで最大」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
理論生物学.生命論  (461 8版)
基礎医学  (491 8版)
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000311013解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!