このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
恵庭市立図書館 (2310148)管理番号
(Control number)
恵庭0074
事例作成日
(Creation date)
2006年05月16日登録日時
(Registration date)
2021年05月29日 16時15分更新日時
(Last update)
2021年05月29日 16時22分
質問
(Question)
・1945年頃にあった旧ソ連ハバロフスク州ホルモリン地区は現在どの位置(地図)にあるか?
・ハバロフスク第5収容所、第4支部ドウキ地区(抑留死亡者の墓)は現在のどの位置にあるか?
回答
(Answer)
(北海道立図書館の回答を要約しました)
・アによると、ホルモリンは日本人捕虜間で呼ばれていた地名であり、地図に記載されている地名はフルムリとなります。
  同じくドウキはロシア語の発音どおりの表記が難しいもので、同様に地図ではドーキと記載された地名と判断いたしました。
  フルムリ(ホルモリン)地区は、コムソモリスクから北西に約200km、アムグン河を越えた地点のことをいい、コムソモリスク市内の収容所を含め、
  約50ほどの収容所が点在していた、とあります。
  その中で、エポロンから北西を第四支部と言われていたとあり、地図ではその地域の中に、ドーキという地名があります。

・アのフルムリの章の中扉絵(p228)にフルムリ地区の地図があります。
 また、縮尺が大きくなりますが、巻末の地図の中にフルムリの地名があります。

・イのp19でも、上述の2つの地名の記載を確認しました。おおよその位置が把握できます。

・ウのp4にもフルムリとドーキが載っている手描きの地図がありました。
回答プロセス
(Answering process)
当館所蔵資料では不明確なため道立図書館に照会→紹介していただいた資料を全て相互貸借、あるいは複写で提供
事前調査事項
(Preliminary research)
1991年5月28日(火)の道新夕刊5面に小さい地図があった。
NDC
地理.地誌.紀行  (290 8版)
記録.手記.ルポルタージュ  (916 8版)
参考資料
(Reference materials)
ソ連における日本人捕虜の生活体験を記録する会∥編. 捕虜体験記 4 ハバロフスク地方篇. ソ連における日本人捕虜の生活体験を記録する会, 1985年. (ア)
タイムズ世界地図帳 第11版. 雄松堂書店, 2003年. (イ)
オーロラ. ソ連における日本人捕虜の生活体験を記録する会. (ウ 雑誌)
キーワード
(Keywords)
ソ連
ハバロフスク地方
捕虜
収容所
地図
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
2021年5月29日追記
参考資料の③について、当館のレファレンス記録票に詳細な書誌がない。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000299499解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!