このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
秋田県立図書館 (2110003)管理番号
(Control number)
秋田-2540
事例作成日
(Creation date)
2020/12/25登録日時
(Registration date)
2021年02月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年02月12日 11時16分
質問
(Question)
由利本荘市矢島町川辺杉沢(由利郡杉沢村→川辺村大字杉沢→矢島町杉沢)に関する郷土資料を探している。
特に江戸時代から大正時代頃の住民の名が確認できるものや、村の旧家の由緒、またこの村に集中してみられる「佐々木」姓について触れられている資料はあるか。
回答
(Answer)
以下の資料を案内

Ⅰ 江戸~大正頃の住民の名について
①『続矢島町史 上巻』(矢島町史編纂委員会/編、1983、214.6/ヤヤ/3郷)資料番号:112128392
→P435 第十六節 杉沢村利右衛門家「山先文書」に、「杉沢村、山先利右衛門(理右衛門)の名は、藩政期後半における川辺・木在地域の山関係公文書に、大名主・小名主と並んで著名印半をしている」との記載あり

②『矢島の歴史』(矢島町教育委員会/編、1969、214.6/ヤヤ/郷)資料番号:129010609
→P105-106 宝暦6年矢島藩の郡奉行によって書かれた「御領分覚書」の表に、「向郷/杉沢村 伊左衛門、甚兵衛、覚右衛門、正左衛門」の記載あり

③『矢島の古文書散歩 第3集』(矢島町教育委員会/編、1974、A214.6/62/3)資料番号:110766771
→ P68-74 「三、大杉沢川分水論所」の訴訟状内に「大杉沢川引水前通願上書 文書所蔵 杉沢 佐々木裕亮家 旧家名伊左ェ門、[文政11年6月]杉沢村百姓代・組頭 才三郎、兵次郎、五郎左ェ門、甚右ェ門、小名主 直助 大名主 三浦治部之助 [文政11年11月13日]杉沢村惣百姓代 五左ェ門、肝煎 佐々木太三郎、庄屋 三浦治部之助 [天保亥年5月] 百姓惣代 五左ェ門・五郎左ェ門・助七・孫右ェ門 長百姓 惣右ェ門 組頭 兵次郎・甚右ェ門 山先 利右ェ門 小名主 佐々木伊左ェ門 大名主(庄屋) 三浦六郎左ェ門」の記載あり

④『矢島の古文書散歩 第18集』(矢島町教育委員会/編、1995、A214.6/62/18)資料番号:128392966
→ P32 「御領分中覚書」(宝暦8年)杉澤村に「小名主 伊左ェ門、組頭 勘兵衛・万吉」の記載あり。また、その他実「地踏査された精細な記録(資料の紹介より抜粋)」として神社主の名前の記載あり。

⑤『角川日本地名大辞典 5』(角川日本地名大辞典編纂委員会/編、1980、290/カカ/郷)資料番号:129109104
→ P367 「杉沢村」の項目に「宝暦6年「御領分覚書」御代官斎藤徳右衛門、大名主三浦治部之助、小名主伊佐衛門、組頭官兵衛・万吉の名も見える。宝永7年「御検地牒村々請取証文」には、肝煎伊左衛門、組頭孫三郎・助左衛門・長四郎・八右衛門・喜右衛門・四郎次郎・左衛門四郎・勘左衛門・歳三郎・勘作・与助、老百姓弥次衛門・弥左衛門・助三郎とある。」との記載あり

※いずれも江戸時代の資料で、明治・大正に関しては該当資料見つけられず

Ⅱ 旧家の由緒・佐々木姓について
⑥『秋田名字のすべて 県内700姓とそのルーツ』(丸山浩一/著、1990、288/マア/郷)資料番号:124001017
→ P157-158 「佐々木」の項に「県内には約4万6千人の佐々木さんがおり、秋田県三位の大姓。分布は全県型だが、特に由利、平鹿、仙北、大館・藤里、能代に多い」との記載あり

⑦『あきた名字と家紋』(丸山浩一/著、1999、288/アア/郷)資料番号:124234089
→ P156 「佐々木」の項に「本県には中世・近世を通じて様々な経路で入国し、秋田・本荘・亀田の各藩士ほか各町村での豪農・豪商など動向や事績は多様である。分布は約1万4千世帯で秋田市20%、本荘・由利24%、平鹿・雄勝地方19%(以下略)」との記載あり

⑧『あきた名字物語』(丸山浩一/著、1985、288/マア/郷)資料番号:111341368
→ P149 「矢島町」の項目に「佐藤560 三浦150 佐々木125 土田120(以下略)」の記載あるも、佐々木氏についての解説は記載なし
旧家の由来についての記載は、当館所蔵資料では該当資料見つけられず

上記資料以外に、確認しましたが記載のないものについては以下のとおり
×『矢島町史 続 下巻』(矢島町史編纂委員会/共編、1983)
×『矢島史談』(土田誠一/著、1930)
×『矢島風土記』(鈴木勇二/著、1970)
×『矢島町の文化財』(矢島町教育委員会/編、2000)
×『矢島町文化遺産目録』(矢島町文化財調査会/編、1969)
×『郷土史資料集 第1集 町指定有形文化財』(矢島町教育委員会/編、1995)
×『写真集文化財めぐり 10』(文化財保護協会矢島支部/編、1993)
×『矢島町町勢一覧』(矢島町/編、1944)
×『矢島の古文書散歩 第1集~第40集(除 第3集・18集)』(矢島町教育委員会/編、1972~2019)
×『由利本荘市歴史資料保全目録 第3号』(本荘由利地域史研究会/編著、2020)
×『秋田人名大事典』(秋田魁新報社/編、2000)
×『日本歴史地名大系 5』(平凡社、1980)

事前調査済みの下記資料について補足
・『由利本荘市歴史資料保全目録 第1号』(本荘由利地域史研究会/編著、2018、025/ユユ/1郷)資料番号:129887157
→ P39「川辺部落引継文書」に明治・大正期の資料あり。保存・管理は本荘郷土資料館(P3)と記載あるため下記の施設を紹介
・秋田県由利本荘市本荘郷資料館
https://www.city.yurihonjo.lg.jp/bunka-sport/bunka/c1323/5830
・矢島郷土資料館
https://www.city.yurihonjo.lg.jp/bunka-sport/bunka/c1323/9520
回答プロセス
(Answering process)
Ⅰ 江戸~大正頃の住民の名について
・所蔵検索キーワード“矢島 杉沢”全項目では該当資料なし
・当館所蔵の“矢島町”でヒットした資料のうち、事前調査資料を除いたものを確認し以下①~⑤の資料を案内

Ⅱ 旧家の由緒・佐々木姓について
上記資料確認時、姓/旧家についての記載を確認出来なかったため、キーワード検索、全項目“秋田 名字”でヒットした中から⑥~⑧の資料を案内

質問者の事前調査資料の内、以下の資料について補足案内
『由利本荘市歴史資料保全目録 第1号』
併せて保管施設案内
・秋田県由利本荘市本荘郷資料館
・矢島郷土資料館
事前調査事項
(Preliminary research)
※以下は当方で調査済みの資料となります。

矢島町史 上巻 矢島町史編纂委員会 矢島町教育委員会 編 矢島町 1979年
矢島町史 下巻 矢島町史編纂委員会 矢島町教育委員会 編 矢島町 1979年
生駒藩史 讃岐・出羽 姉崎岩蔵 著 矢島町公民館 1976年
由利本荘市歴史資料保全目録 第1号 本荘由利地域史研究会 矢島町郷土史研究会 著作・編集 由利本荘市教育委員会文化課 2018年
由利本荘市歴史資料保全目録 第2号 本荘由利地域史研究会 矢島町郷土史研究会 著作・編集 由利本荘市教育委員会文化課 2019年
NDC
歴史  (2)
参考資料
(Reference materials)
矢島町史続 上巻矢島町史編纂委員会/編矢島町
矢島の歴史矢島町教育委員会/編矢島町
矢島の古文書散歩第3集矢島町教育委員会/編矢島町
矢島の古文書散歩第18集矢島町教育委員会/編矢島町
角川日本地名大辞典5「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編角川書店
秋田名字のすべて丸山浩一/著秋田魁新報社
あきた名字と家紋丸山浩一/著秋田魁新報社
あきた名字物語丸山浩一/著秋田魁新報社
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵・所在調査
内容種別
(Type of subject)
一般,郷土
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000293381解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!