このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
仙台市民図書館 (2210011)管理番号
(Control number)
2020-事例16
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2021年01月16日 15時46分更新日時
(Last update)
2021年01月16日 16時58分
質問
(Question)
山形市の霞城公園にある最上義光公騎馬像は、誰が制作し、制作にどのくらいかかったのか知りたい。
回答
(Answer)
山形市銅町出身の工芸家・西村忠氏の制作で、株式会社でん六創業者鈴木伝六氏が1977年に寄贈したものである。この騎馬像は後ろ足だけでバランスを取っているが、2点で立つ騎馬像は世界でも珍しく、制作依頼から10分の1の石膏模型ができるまで1年、実物大の原型の制作と鋳造に1~2年かかり、試行錯誤の末、1977年11月3日に建立した。
回答プロセス
(Answering process)
銅像の本を複数確認する中、『ふるさとのこころ』p197に「制作/西村忠県議を3回務めた故鈴木伝六の発起・寄贈」の記載があった。インターネットで検索すると、「山形県産業科学館」ホームページに、デザインは西村忠氏、制作は山形市銅町の西村工場によるものという記載を見つけた。「山形市銅町西村工場」で検索すると、山形商工会議所の商工月報2015年4月号p16に西村工場の紹介があり、騎馬像制作の経緯、苦心した点の記載が見つかった。また、鈴木伝六氏は株式会社でん六の創業者であることが分かったので、宮城県図書館所蔵の『豆を究める-でん六創立50周年記念誌-』を取り寄せ、p88に除幕式の記載があることを確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (281 10版)
食品工業  (588 10版)
参考資料
(Reference materials)
『ふるさとのこころ』日本報道記者会 1991年
『豆を究める-でん六創立50周年記念誌-』でん六50周年記念誌編集室/編株式会社でん六 2003年(宮城県図書館所蔵)
「産業科学館だより」山形県産業科学館公式ブログ
http://www.y-sunka.org/blog/?p=3230
「商工月報2015年4月号」山形商工会議所(PDF)
http://www.yamagata-cci.or.jp/user/geppou/_data/201504/kirari_201504.pdf (2020年3月7日アクセス)
キーワード
(Keywords)
最上義光公騎馬像
霞城公園
銅像
西村忠
鈴木伝六
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000292564解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!