このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
市川市中央図書館 (2310001)管理番号
(Control number)
市川20200901-01
事例作成日
(Creation date)
2020年09月01日登録日時
(Registration date)
2020年12月23日 16時25分更新日時
(Last update)
2020年12月23日 16時25分
質問
(Question)
微分・積分の「ネイピア数e」について、分かりやすく説明されている資料が読みたい。
回答
(Answer)
『数学の世界 数の神秘編』(ニュートンプレス 2018)p.113に、「ネイピア数eは、(1+1/n)のnを無限に大きくしたときの数です。ネイピア数の「ネイピア」は、「対数」を考案して発表した、イギリスの数学者のジョン・ネイピア(1550~1617)に由来します。対数とはaを何乗したらxになるかに相当する数で、「logax」とあらわします。ネイピア数の記号「e」はオイラーが1727年に使いはじめました。aにeを使う対数は、「自然対数」といいます。自然対数の関数「y=logex」は、微分すると「y=1/x」と簡単な形になる性質があります。一方、eを使った指数関数「y=ex」は、微分してもy=exのまま変化しない性質があります。」との説明がある。

『対数のきほん 複雑な計算をかんたんにできる!』(ニュートンプレス 2017)p.56「特別な数「ネイピア数e」とは?」の章には、「eは、2.718281…と、小数点以下が無限につづく数です。スイスの数学者のヤコブ・ベルヌーイ(1654~1705)が1683年に、「(1+1/n)n」という式を使って発見したといわれています。」とあり、ネイピア数eの成り立ちや性質が分かりやすく記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
解析学  (413 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000291320解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!