このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
牛久市立中央図書館 (2310059)管理番号
(Control number)
牛久-1599
事例作成日
(Creation date)
2018/08/02登録日時
(Registration date)
2020年08月06日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年09月03日 09時18分
質問
(Question)
建築の塗装のクラックについて調べたい。
回答
(Answer)
次の資料を紹介する。
・『建築の塗料と塗装』(松永正/井上書院/1979.8)…p123
・『塗装超実用テクニック読本』(足立匡広[ほか]/エクスナレッジ/2001.12)…p138
・『塗装の事典』(吉田豊彦[ほか]編/朝倉書店/1980.4)…p243-244
回答プロセス
(Answering process)
1. 建築の塗装とのことから、建築関係「52-」「57-」の参考資料書架をブラウジングし、次の資料にあたる。
(1)『建築学用語辞典 第2版』(日本建築学会編/岩波書店/1999.9)
…p182索引でクラック=亀裂であることを確認。p169に亀裂(crack)は材料のもつ限界を超えた時に発生するひび割れ現象(=クラック)の記述あり。
(2)『塗装の事典』(吉田豊彦[ほか]編/朝倉書店/1980.4)
…索引でクラックを確認し、p539・p542にあたるが、どのような場合にクラックが起こるかの記載で、クラック自体の説明はない。p243-244に塗装欠陥とその対策の「7.14 割れ」の現象に、深割れ(crasking)・浅割れ(checking)・ひび割れ(crazing)があり、割れの発生機構と対策の記述あり。
 
2. 書名「塗装」で自館資料検索し、ヒットした資料の書誌情報から次の資料にあたり、亀裂や問題について書かれていそうなページを確認。
(3)『塗料と塗装のしくみ』(杉本賢司編著/日本実業出版社/2005.9)
…p91に外壁劣化のチェック方法の記述はあるが、クラックについての記述はなし。
(4)『絵とき「塗装」基礎のきそ』(坂井秀也/日刊工業新聞社/2006.12)
…塗装の全般について書かれているが、クラックについての記述はなし。
(5)『よくわかる最新塗料と塗装の基本と実際』(坪田実/秀和システム/2016.11)
…クラックの記述なし。
(6)『建築の塗料と塗装』(松永正/井上書院/1979.8)
…p123の施行が完了してから経時後に発生する事故の一覧に「き裂」の項目あり。
(7)『塗装超実用テクニック読本』(足立匡広[ほか]/エクスナレッジ/2001.12)
…p138の塗膜の欠陥と対策の一覧に「ひび割れ(クラッキング)」の項目あり。
→(2)(6)(7)の資料を紹介。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
建築計画.施工  (525 10版)
建築学  (520 10版)
油脂類  (576 10版)
参考資料
(Reference materials)
B10853927 建築の塗料と塗装 松永正/著 井上書院 1979.8 525.58
B10297114 塗装超実用テクニック読本 足立匡広/[ほか]著 エクスナレッジ 2001.12 525.58 9784767801513
B10006874 塗装の事典 吉田豊彦/[ほか]編集 朝倉書店 1980.4 576.89
建築学用語辞典 日本建築学会/編 岩波書店 1999.9 520.33 9784000800945
塗料と塗装のしくみ 杉本賢司/編著 日本実業出版社 2005.9 576.8 9784534039545
よくわかる最新塗料と塗装の基本と実際 坪田実/著 秀和システム 2016.11 576.8 978-4-7980-4723-2
絵とき「塗装」基礎のきそ 坂井秀也/著 日刊工業新聞社 2006.12 576.89 9784526057922
キーワード
(Keywords)
建築,塗装,クラック
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000285558解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!