このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
市川市中央図書館 (2310001)管理番号
(Control number)
市川20200101-02
事例作成日
(Creation date)
2020年01月01日登録日時
(Registration date)
2020年06月13日 12時46分更新日時
(Last update)
2020年06月13日 12時46分
質問
(Question)
力士の鶴ヶ濱(奈良県出身1893.7.19-1939.1.16)が、市川市で料亭「小松園」を経営していたと聞いた。これは、現在ある料亭「栃木家」のことなのか知りたい。
回答
(Answer)
奈良県葛城市ホームページ内の葛城市出身の力士を紹介するページに、鶴ヶ濱増太郎という人物が掲載されている。その経歴に、「千葉県市川市の料亭「小松園」を経営する。」との記載があった。( https://www.city.katsuragi.nara.jp/index.cfm/14,18743,41,388,html2020.3.21 確認)
料亭「小松園」と「栃木家」が同一か否かについては、『市川まちかど博物館』(いちかわ・まち研究会 1997)のp.110に、昭和3年頃市川市内にあった料亭が「市野家、市栁、一直園、田圃、小松園、鴻の字、松雲閣、北邑、末広、菜の花、丸花、黒松、東華園、栃木家、山水園、鴻月、などなど。」と列挙されており、これをみるかぎり「小松園」と「栃木家」は別の料亭と思われる。また、『松井天山 千葉県市川町鳥瞰図 昭和3年』(聚海書林 1989)と、現在のゼンリンの地図を照らし合わせてみても、「小松園」は菅野の国府台女子学院の南にあり、現在もある「栃木家」は昭和3年当時と同様にJR市川駅近く国道14号線沿いに位置し、別の場所にあったことが分かる。
さらに、前出の葛城市ホームページの力士紹介文によれば、鶴ヶ濱の角界引退は「大正15年5月場所後」であり、「小松園」の経営が始まったのは、大正15年以降であると推察すると、千葉県公式観光物産サイト( https://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/e187100_jp  2020.3.21確認)に紹介されている「市川・料亭 栃木家」は、「明治17年創業・130年の歴史」とあることから両者は別の料亭であると考えられる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000283099解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!