このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪府立中之島図書館 (2120002)管理番号
(Control number)
6001043254
事例作成日
(Creation date)
2020/03/05登録日時
(Registration date)
2020年04月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年04月01日 00時30分
質問
(Question)
白木村(現・南河内郡河南町)に江戸時代に存在した白木陣屋について、特に同陣屋と下館藩との関わりについて、町史における記載を確認したい。
回答
(Answer)
河南町の「町史」にあたる資料としては、次の資料があります。
・『白木村誌』(白木村誌編纂委員会/著 大阪府南河内郡河南町教育委員会事務局 1957)
・『河南町誌』(河南町誌編纂委員会/編纂 河南町役場 1968)
・『河南町誌 続』(続河南町誌編纂委員会/編集 河南町 2004.9)
このうち、『河南町誌 続』は、町制施行(昭和三十一年)以後の事績を扱っており、近世以前の記述はありません。そのため、『白木村誌』と『河南町誌』を確認しました。

『白木村誌』には以下の記載がありました
・p.1-12 『序章 郷土のむかし(明治維新まで)』内に「近世までの郷土」「藩主石川氏と近世の郷土」「白木御役所と東山御役所」という項があります。
この項の中に「石川播磨守の墓」(p.5)や「白木御役所の平面図」(p.10‐11)があります。

『河南町誌』には以下の記載がありました
「第三章 のびゆく近世の郷土 第二節 郷土における幕藩政治」の「一 所領の異動・細分-政治に統一なし」に「亀山藩主(後、下館)石川氏領」という項目があります(p.216-217)。

同節「五 下館藩の飛領地-白木役所」の項の中に「白木役所」「遠祖源氏からの石川氏系図」「藩主石川氏代々の略記」「白木役所の代官」「下館藩領(白木役所下)の制度沿革調」などの記載があります(p.233‐257)。

「第三章 のびゆく近世の郷土 第三節 江戸時代中期の栄え」の「一 貨幣経済の発達と町場の繁栄-藩札」内に「白木札」という項目があり、「この地方で最も広く通用した藩札に「白木札(ふだ)」というのがあった。下館藩白木役所の発行であった」という一文があります(p.268‐269)。

同章「第四節 幕藩衰運の時代」には「四 下館藩の財政窮乏と河内領の重い負担」という項があります(p.331‐337)。

また、「第七章 村落の長き営み」内に「六 白木村」という項があります(p.806‐823)。この項の中に「白木三郷」「領主と代官役所」「白木役所のあと」などの項目があります。


〔事例作成日:2020年3月5日〕
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216 10版)
参考資料
(Reference materials)
白木村誌 白木村誌編纂委員会∥著 大阪府南河内郡河南町教育委員会事務局 1957
河南町誌 河南町誌編纂委員会∥編纂 河南町役場 1968
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
大阪,地名・地域
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000279944解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!