このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福岡県立図書館 (2110014)管理番号
(Control number)
福郷-117
事例作成日
(Creation date)
20200317登録日時
(Registration date)
2020年03月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年03月25日 09時38分
質問
(Question)
「博多銀」がどのようなものかわかる資料がないか。
回答
(Answer)
参考資料1『国史大事典』第15巻下 索引<事項>で「博多銀」を引き、関連項目に「領国貨幣」、「博多御公用銀」、「古丁銀」が掲載されているのがわかる。

参考資料2『国史大事典』第14巻p629-630の「領国貨幣」の項目には、「十六世紀から十七世紀までの間に、大名領国で用いられた貨幣。」とあり、文献に現れるもので「筑前国(博多銀一名ゆづり葉銀)」を挙げている。
参考資料3『国史大事典』第11巻p481-482の「博多御公用銀」の項目には、「筑前博多で鋳造されたという銀貨。」とある。写真有。
参考資料4『国史大事典』第5巻p872の「古丁銀」の項目には、「室町時代末期から各地で製造した量目不定、海鼠(なまこ)形の銀錠の総称」とある。現在知られているものに「博多御公用銀」を挙げている。

参考資料5『世界遺産石見銀山遺跡の調査研究5』に掲載の「『石城志』と『徒然草評判』ー「博多銀」と「神や寿貞」ー」p27-31に博多銀についての記述があり、当館所蔵『石城志』巻七の「博多銀」の記事を紹介している。

参考資料6『石城志』巻7(p98-99)に「博多銀」の項目有。図版有。
参考資料7『石城遺文』上巻(p73-77)に「博多金博多銀之事」の項目有。写真有。国立国会図書館デジタルコレクションで見ることができる。

参考資料8『堺と博多-展』p123に櫛田神社に残された銀貨「博多ゆずりは銀」の写真と解説がある。銀貨の目録はp143にある。

参考資料9「博多研究号」p449-450に「博多金博多銀に就きて」と題して記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
歴史辞典からキーワードを得て図書と雑誌論文へ展開した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
貨弊.通貨  (337 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 国史大辞典 15下 国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1997.4 210/03R/70-15-3B
2 国史大辞典 14 国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1993.4 210/03R/70-14B
3 国史大辞典 11 国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1990.9 210/03R/70-11B
4 国史大辞典 5 国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1985.2 210/03R/70-5B
5 世界遺産石見銀山遺跡の調査研究 5 島根県教育委員会/編集 島根県教育委員会 2015.3 562/1/17
6 石城遺聞 山崎 藤四郎/編 名著出版 1973.8 K226/2/セ
7 石城志 津田 元顧/校定 九州公論社 1977.2 K226/2/セ
8 堺と博多-展 福岡市博物館/編集 福岡市博物館 1992.11 K209/4/サ
9 博多研究号 福岡商業学校学友会 1930.8 K226//Sハ
1 『石城遺文』上巻(国立国会図書館デジタルコレクション) https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/766656/38 38-41コマ(最終確認 2020.3.17)
キーワード
(Keywords)
博多銀 博多御公用銀 ゆずりは銀
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000276482解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!