このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
相模原市立相模大野図書館 (2210033)管理番号
(Control number)
相大-R1-024
事例作成日
(Creation date)
2020年01月11日登録日時
(Registration date)
2020年02月26日 18時18分更新日時
(Last update)
2020年10月02日 13時19分
質問
(Question)
支倉常長の慶長遣欧使節団船の復元費用が知りたい。新聞記事で見た記憶がある。
回答
(Answer)
ウェブ・データベース「朝日新聞記事データベース聞蔵Ⅱビジュアル」の新聞記事より、遣欧使節船の復元建造費は約十六億五千万円かかった。
回答プロセス
(Answering process)
○自館OPACで“ケンオウシセツセン”で検索する。
 『日本の船を復元する』安達裕之/著 学習研究社 2002 【s21244587 552】
 p40-43「遣欧使節船」についての記述あり。
    サン・ファン・バプティスタ号とあり。
    慶長十八年に「八百人の大工、七百人の鉄工及び三千人の人夫を使役して四十五日で竣工」との記述がある。
    当時の費用及び復元費用についての記述は無し。  

○ウェブ・データベース「朝日新聞記事データベース聞蔵Ⅱビジュアル」で“支倉常長&遣欧使節船&復元”で検索する。
 以下の3件の記事がヒットした。

➀1992年4月18日朝刊「現代の“遣欧使節船”に夢 「国内最大の木造船」復元へ起工式 石巻」
 記事中に「宮城県と民間で構成する慶長遣欧使節船復元協会が15億円かけて建造するが、県の負担分は7億5000万円」とある。

⓶1993年10月5日朝刊「伊達政宗の船、よみがえった バウティスタ号が完成 石巻/宮城」
 記事中に「総建造費は十六億六千五百万円で約一年半かかった。」とある。

③1993年10月10日朝刊「380年前の夢乗せた バウティスタ号の竣工祝う 石巻/宮城」
 記事中に県費七億五千万円を含む、事業費約十七億円を投じ」とあった。

注:【 】内は自館の資料コードと請求記号
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
各種の船舶.艦艇  (556 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本の船を復元する』安達裕之/著 学習研究社 2002
キーワード
(Keywords)
支倉常長
慶長遣欧使節船
復元
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000274442解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!