このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000263696
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢富岡-2019-007
事例作成日
(Creation date)
2018/05/31登録日時
(Registration date)
2019年11月05日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年11月07日 09時55分
質問
(Question)
「型染め」の仕方が載っている資料を探している。染色する上で参考になるような、着物の模様が載っているものもみたい。
回答
(Answer)
型染の手順については、下記資料に記載があります。
 〇『完全マスター型染レッスン』 土屋直人/著 誠文堂新光社 2008年
 〇『はじめての型染め』 伊藤純夫/著 日本放送出版協会 2007年
 〇『草木染型染の色』 山崎青樹/著 美術出版社 2014年
 〇『合羽版・型染を作ろう』 高橋宏光/監修 阿部出版 2016年
 〇『草木染技法全書 2』 山崎青樹/著 美術出版社 1997年
 〇『型染』 高木明子/著 マコー社 1987年
 〇『現代の染め』 麻田脩二/編 至文堂 1994年
 〇『染を楽しむ』 大沢美樹子/著 講談社 1983年
 
また、模様・文様や型紙・図案については、以下の資料に記載があります。
 〇『藍の型染』 本田洋子/著 光村推古書院 1999年
 〇『日本の染型』 青幻舎 2004年
 〇『古型絵図 華』 五代田畑喜八/編 光村推古書院 2015年   
 〇『古型絵図 麗』 五代田畑喜八/編 光村推古書院 2015年    
 〇『型紙型染』 吉岡幸雄/企画・本文 紫紅社 1989年 
 〇『日本の文様染めの型紙』 熊谷博人/編 クレオ 2006年
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容を確認する。
 〇『完全マスター型染レッスン』 土屋直人/著 誠文堂新光社 2008年
   p.49-63「基礎からマスターする型染め」の項目あり
      「型染めは、型紙を使って、模様を布や紙に写す方法です。模様を彫り抜いた型紙を使って、直接顔料を摺り込み染めすれば、地白型の仕上がりになります。(以下省略)」との記載あり     
   p.64-155 p.42以降の作品の「作り方手順」の記載あり 
   着物の模様の記載はなし
 
 〇『はじめての型染め』 伊藤純夫/著 日本放送出版協会 2007年
   p.36-37 「型染めに使用する材料と用具」の項目あり
   p.38-71 各作品例の「作り方」の記載あり
   着物の模様の記載はなし
 
2.追加調査資料
 〇『草木染型染の色』 山崎青樹/著 美術出版社 2014年
   p.15-40 「1章 型60」の項目に「かたくりの花、つるばらなど60種類の型染め作品の記載あり
   p.41-91 「2章 色50」の項目に「浅蘇芳(あさすおう)、柑子(こうじ)色、梅鼠(うめねず)など50色の型染め作品の記載あり
   p.105-140 「4章 型染の手法」の項目に、「中媒染」「後媒染」「先媒染」などの各手法の記載あり
 
 〇『合羽版・型染を作ろう』 高橋宏光/監修 阿部出版 2016年
   p.50-69 「型染」(前編/後編)の項目に、布に摺る染色の基礎について、ランチョンマット制作での説明あり
   着物の模様の記載はなし
 
 〇『草木染技法全書 2』 山崎青樹/著 美術出版社 1997年
   p.7に「日本の型染」に「型染というと渋紙を彫った紙型を用いての染色、すなわち小紋や中形、または型友禅や紅型などをさすことが常識になっている。渋紙に模様を切り、その型紙を用いて糊を置いて染色する。これが今日の型染といわれいてるものである。」の記載あり。
   p.6に「小紋の型紙」の一例の記載あり 
   p.28-48「型染の基本」の項目に「中媒染の手法、ぼかし染の手法」等の記載あり
   p.49-59「特殊な染め方」の項目に「紫草染の手法、紅型染の手法」等の記載ありあり
   p.103-110 「型染作品の解説」にカラー図版とその解説あり
  
 〇『藍の型染』 本田洋子/著 光村推古書院 1999年
   「藍」の「型染」による染物、および「藍染」の裂の写真を多数収録しているが、「型染」の方法についての詳しい記載はなし
 
《型染の型紙・図案を収録しているもの》
 〇『日本の染型』 青幻舎 2004年
   着物の柄を染めるのに使われる、伊勢型を代表する型紙を記載
 
 〇『古型絵図 華』 五代田畑喜八/編 光村推古書院 2015年
   明治から昭和初期にわたって考案された、草花文様を中心とした伊勢型紙の絵摺り図案を記載
 
 〇『古型絵図 麗』 五代田畑喜八/編 光村推古書院 2015年  
   明治から昭和初期にわたって考案された、幾何文様を中心とした伊勢型紙の絵摺り図案を記載
 
 〇『型紙型染』 吉岡幸雄/企画・本文 紫紅社 1989年
   江戸時代後期から明治・大正・昭和の各時代に使われた型紙390点を原寸大で収録。カラー図版あり。
 
 〇『日本の文様染めの型紙』 熊谷博人/編 クレオ 2006年
   小紋染めと中型染めの文様を「動物文様」「植物文様」などの項目に分けて記載
 
3. 本館の後日調査による追加資料
 〇『型染』 高木明子/著 マコー社 1987年
   p.40-83「型染めの基本」に「型染め』基本知識と製作工程の記載あり
   p.94-118「型染めの応用」にカラー口絵の型紙と技法解説の記載あり
 
 〇『現代の染め』 麻田脩二/編 至文堂 1994年
   p.69-96「型染め」の手順についての記載あり
    
 〇『染を楽しむ』 大沢美樹子/著 講談社 1983年
   p.18-64「型染」の手順についての記載あり
   着物の模様の記載はなし
 
 △『日本の染織 15』 (型染・小紋・中形) 京都書院 1994年
   武家装束・芸能装束の型染、地方の型染、型紙等の記載あり
   型染の手順についての記載なし
 
 △『熊谷染』 埼玉県立民俗文化センター 1990年
   p.13-43熊谷地域における「小紋」についての歴史・ 制作工程などの記載あり
   p.81-83熊谷地域における「型友禅」についての記載あり
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
染織工芸  (753 9版)
写真版画.孔版画  (737 9版)
参考資料
(Reference materials)
完全マスター型染めレッスン 土屋直人/著 誠文堂新光社 2008.12 753.8 978-4-416-30906-3
はじめての型染め 伊藤純夫/著 日本放送出版協会 2007.9 753.8 978-4-14-031150-9
草木染型染の色 山崎青樹/著 美術出版社 2014.3 753.8 978-4-568-30083-3
合羽版・型染を作ろう 高橋宏光/監修 阿部出版 2016.4 737 978-4-87242-435-5
草木染技法全書 2 山崎青樹/著 美術出版社 1997.9 753.8 4-568-32901-9
型染 高木明子/著 マコー社 1987.3 753.8 4-8377-0687-8
現代の染め 麻田脩二/編 至文堂 1994.8 753.8 4-7843-0153-4
染を楽しむ 大沢美樹子/著 講談社 1983.10 753.8 4-06-180306-9
藍の型染 本田洋子/著 光村推古書院 1999.10 753.8 4-8381-0259-3
日本の染型 青幻舎 2004.7 753.8 4-86152-014-2
古型絵図 華 五代田畑喜八/編 光村推古書院 2015.1 753.8 978-4-8381-0519-9
古型絵図 麗 五代田畑喜八/編 光村推古書院 2015.1 753.8 978-4-8381-0520-5
型紙型染 吉岡幸雄/企画・本文 紫紅社 1989.3 753.8 4-87940-506-X
日本の文様染めの型紙 熊谷博人/編 クレオ 2006.10 753.8 4-87736-115-4
キーワード
(Keywords)
型染め
染色
型紙
着物
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000263696解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!