このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000260319
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1003505
事例作成日
(Creation date)
20190223登録日時
(Registration date)
2019年08月20日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年08月20日 00時30分
質問
(Question)
昭和31年ごろのバスの運賃(安慶名から糸満近辺まで)について知りたい。
回答
(Answer)
池原(安慶名)~糸満間の1951(昭和31)年ごろのバス料金について、以下の資料より53B円程度ではないかと考えられる。また、この2地点を直接結ぶ路線は当時存在しない。


『沖縄バス株式会社30周年記念誌 あゆみ』(沖縄バス [1981])
p9に「当時のバス運賃」(昭和25年)の項目があり、その中で「那覇~屋ケ名間 25B円(約64日円) 那覇~糸満間 28B円(約70日円)」と記載されている。
p41に「運行系統表(創立一年後)昭和26年3月31日現在」の表があり、以下ように記載されている。
4 与勝線 起点:那覇 首里~普天間~コザ~安ゲ名~南風原~平安名 終点:屋ケ名
9 島尻一周線 起点:那覇 首里~糸満~米須~具志頭~百名~知念~佐敷 終点:那覇
14 金武湾線 起点:那覇 首里~普天間~胡屋~コザ~安ゲ名 終点:金武湾
18 宜野湾線 起点:那覇 国場~与那原~コザ~安ゲ名~石川 終点:宜野座


『沖縄自動車ものがたり』(「沖縄自動車ものがたり」刊行委員会、沖縄トヨタ自動車、
2002)
p40-45に戦後のバスについての沿革が記載されており、p41の関連年表に「1950年3月、公営バス廃止。民営バスへ引継がれる。」と記載されている。



『沖縄事始め・世相史事典』(山城 善三/編著,佐久田 繁/編著 2013.4)
p622に「バス民営に。那覇-名護間三十八円」の見出しがあり、その中で「市外線を受け持った沖縄バスの当時の運賃は那覇-名護(西回り)三十八B円(九八日円換算)、那覇-読谷二十二B円(五五円)、那覇-石川二十四B円(六一円)、那覇-糸満十B円(二四円)、那覇-佐敷十二B円(三一円)、本部一周(名ゴ基点)二十八B円(七〇円)、島尻一周三十八B円(九八円)。」と記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
沖縄バス株式会社30周年記念誌 (p9、p41)
バス・タクシー・ハイヤー運賃及び粁程表 (p40-45)
沖縄事始め・世相史事典, ISBN 4-284-50319-8 (p622)
キーワード
(Keywords)
バス
運賃
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000260319解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!