このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000259700
提供館
(Library)
日本貿易振興機構アジア経済研究所図書館 (4110002)管理番号
(Control number)
REF-2019-00162
事例作成日
(Creation date)
2019/7/31登録日時
(Registration date)
2019年08月03日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年08月03日 00時30分
質問
(Question)
・インドネシアのヒト・モノ・カネ・ルールに関する過去統計ならびに10年後、20年後の予測
・ASEANのヒト・モノ・カネ・ルールに関する過去統計ならびに10年後、20年後の予測
・環インド洋経済圏(IORA)と東南アジア、インドネシアとの繋がり
・環インド洋経済圏(IORA)と英国及びコモンウェルスとの繋がり
回答
(Answer)
比較的近年出版された資料を、以下の通りご紹介いたします。

≪統計≫
■ ASEAN Statistical Yearbook(ASEAN事務局)
https://www.aseanstats.org/category/yearbook/
→ ASEAN各国の経済概況や人口動態などの統計を網羅しています。

■ Statistical Yearbook of Indonesia 2019(インドネシア統計庁 [BPS])
https://www.bps.go.id/publication/2019/07/04/daac1ba18cae1e90706ee58a/statistik-indonesia-2019.html
→ インドネシア単独の総合統計年鑑です。同ウェブサイトにて、2002年以降の総合統計年鑑をダウンロードできます。
(それより以前は、当館にて冊子体を所蔵しておりますので、ご利用ください)
なお、ASEANの他国につきましても、同様に総合統計年鑑を発行しており、大部分がオンラインで閲覧可能です。

≪図書≫
■ インドネシアはポスト・チャイナとなるのか : アジア巨大市場の10年後 / 鷲田祐一編著 、 一橋大学商学部グローバルマーケティング研究室 [編]. -- 同文舘出版, 2018.
当館請求記号:AHIO/332.46/I18
→ 経済見通しを含む図書として。

■ インドネシアの経済発展と所得格差 : 日本の経験と比較分析 / 本台進, 中村和敏著. -- 日本評論社, 2017.
当館請求記号:AHIO/339.2/I3

■ 分業するアジア : 深化するASEAN・中国の分業構造 / 池部亮, 藤江秀樹編著. -- 日本貿易振興機構 (ジェトロ), 2016.
当館請求記号:AA/330.191/Ni9
→ 国際分業構造やASEAN各国の貿易動向・産業の分析がメインです。

■ ASEAN経済新時代と日本 : 各国経済と地域の新展開 / トラン・ヴァン・トゥ編著. -- 文眞堂, 2016.
当館請求記号:AH/330.2/A43

■ アセアンライジング / 西村英俊編著 、 植木靖, 岩崎総則訳. -- 勁草書房, 2018. -- (ERIA=TCERアジア経済統合叢書 、 第1巻).
当館請求記号:AH/338.92/A6
→ ASEANの経済・産業の発展を、豊富なデータを元に検証。

≪その他≫
■ インドネシアの投資環境/2017年8月(JBIC 国際協力銀行)
https://www.jbic.go.jp/ja/information/investment/inv-indonesia201708.html
→ インドネシアの投資環境を中心に、政治・経済・主要法規の概説も含んでいます。

IORAに関してまして、当館蔵書からは、有益な情報を得られませんでした。
Google Scholar(scholar.google.co.jp)で、"Indian Ocean Rim Association"等のキーワードで検索したところ、新しい研究論文もいくつかヒットしましたので、是非お試しください。
ただし、インドネシアとの関連についての分析で有益なものは、以下などわずかに限られます。
■ Indonesia, ASEAN, and the Indo-Pacific Cooperation Concept / Weatherbee, Donald E. (June 2019, ISEAS Yusof Ishak Institute)
http://hdl.handle.net/11540/10354
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000259700解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!