このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
相模原市立相模大野図書館 (2210033)管理番号
(Control number)
相大-H30-039
事例作成日
(Creation date)
平成31年2月2日登録日時
(Registration date)
2019年04月12日 13時04分更新日時
(Last update)
2020年04月07日 13時22分
質問
(Question)
二.二六事件で銃殺刑になった40名程の人たちの名前が、NHK放送センター入口付近の石碑に彫られている。処刑されたのに、人目に触れるようにまつられているなはなぜか。
回答
(Answer)
以下の資料を提供した。
『昭和史跡散歩 東京篇』
「クーデターを起こした陸軍将校等を祀るというより、この事件で刑死した20名・自決2名に加え、事件で殉職・犠牲になった関係者(警察官)を合わせて慰めるため、また事件の意義を永く記念するため有志の財を集めて建てられた。」という経緯があったと回答した。
回答プロセス
(Answering process)
・自館OPACで“東京 慰霊像”で検索する。
 『東京10000歩ウォーキング No.25』 籠谷典子/編者 明治書院
  2009 【s29108792 291.361】
  p84~二.二六事件慰霊像の説明あるが、回答にはつながらず。

・国立国会図書館リサーチナビ、キーワード“二.二六事件慰霊碑”
 で検索する。
 『昭和史跡散歩 東京篇』 一坂太郎/著 イースト・プレス 
 2016 座間市立図書館所蔵
 p100~「二.二六事件慰霊像」についての項あり。
 p102にはこの慰霊像が建つ周囲は陸軍衛戍刑務所の跡地であり処刑
 されたのがこの場所とある。
 また碑文には「この因縁の地を撰び、刑死した二十名と自決二名に
 加え、重臣、警察官このほか事件関係犠牲者一切の令を合わせ慰め、
 且つは事件の意義を永く記念すべく~謹んで諸霊の冥福を祈る」とある。

注:【 】は自館の資料コードと請求記号
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210)
日本  (291)
参考資料
(Reference materials)
『東京10000歩ウォーキング №25』 籠谷典子/編者 明治書院 2009
『昭和史跡散歩 東京篇』 一坂太郎/著 イースト・プレス 2016
キーワード
(Keywords)
2.26事件
慰霊碑
碑文
二.二六事件慰霊像
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000254940解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!