このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
千葉県立東部図書館 (2110047)管理番号
(Control number)
千県東-2018-0013
事例作成日
(Creation date)
2019/02/01登録日時
(Registration date)
2019年03月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年03月29日 10時38分
質問
(Question)
千葉県の龍角寺(栄町)、龍腹寺(印西市)、龍尾寺(匝瑳市)にまつわる龍神伝説は、県内でよく知られている。この伝説と匝瑳市にある龍頭寺は関係があるか。
龍角寺、龍腹寺、龍尾寺の龍神伝説とは、「旱魃の折、大龍の許しを得ずに雨を降らせて村人を救った小龍が、罰を受けて身体を三つに裂かれた。村人により、小龍の頭は龍角寺、腹は龍腹寺、尾は龍尾寺に納められた。」という伝説である。
回答
(Answer)
以下の資料に龍頭寺の龍神伝説について記載されていました。
【資料1】『そうさの伝説とむかし話』(伊東弘明編 [伊東弘明] 1975)
p24-25の「天竺山尊蓮院龍尾寺」の項に龍角寺、龍腹寺、龍尾寺の龍神伝説が記載されていました。続いてp25-26の「木積山龍頭寺」の項に龍頭寺が関係する伝説が記載されていました。「龍尾寺の話と大変よく似ている」と書かれており、天平二年(龍尾寺の話より二十年あと)の出来事だということです。その際、龍の頭は埴生の龍角寺(栄町)、尾は大寺の龍尾寺(匝瑳市)、胴の一段は木積山龍頭寺(匝瑳市)に落ちたとのことです。原話として『下総名勝図絵』が挙げられています。
【資料2】匝瑳市ホームページ/「伝説と昔話」/「木積の龍頭寺(きずみのりゅうとうじ)」( https://www.city.sosa.lg.jp/page/page001247.html )に、【資料1】を出典とした伝説が記載されています。
【資料3】『下総名勝図絵』(宮負定雄著 国書刊行会 1990)
【資料1】の原話で、p302に「白山大権現并龍頭寺(木積村)」が掲載されています。
(インターネットの最終アクセス:2019年3月29日)
回答プロセス
(Answering process)
当館郷土資料の書架で分類388の資料を直接閲覧し、【資料1】を確認した。記載内容により、原話が【資料3】であることが分かった。
次に検索エンジンGoogleで、「龍頭寺 龍神」で検索し、【資料2】がヒットした。
なお、千葉県立図書館の蔵書検索システムを「龍頭寺」、「龍角寺」、「龍腹寺」、「龍尾寺」をキーワードとしてそれぞれ「全項目」で検索したが、龍頭寺の竜神伝説が記載された資料は確認できなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝説.民話[昔話]  (388 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『そうさの伝説とむかし話』(伊東弘明編 [伊東弘明] 1975)(2102265235)
【資料2】匝瑳市ホームページ/「伝説と昔話」/「木積の龍頭寺(きずみのりゅうとうじ)」( http://www.city.sosa.lg.jp/index.cfm/16,6990,247,488,html
【資料3】『下総名勝図絵』(宮負定雄著 国書刊行会 1990)(2100166855)
キーワード
(Keywords)
千葉県-匝瑳市(チバケン ソウサシ)
龍頭寺(リュウトウジ)
伝説―八日市場市(デンセツ ヨウカイチバシ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000254122解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!