このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000253438
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M19010913504762
事例作成日
(Creation date)
2019/01/08登録日時
(Registration date)
2019年03月21日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年12月19日 00時31分
質問
(Question)
ウィスキーのマッカランをロールスロイスと称したのは何か出典が知りたい。また、原典か訳本が見たい。
回答
(Answer)
①②で『ハロッズの「ウィスキー読本」』に出てくる記述が見られる。
また、③で百貨店・ハロッズの「ウイスキーカタログ」であるとの記述が見られる。
国立国会図書館サーチおよびCiNiiで該当する図書がなかったため、国内で現物を確認することはできなかった。
百貨店ハロッズのあるイギリスの国立図書館・大英図書館で蔵書検索を行ったところ、④の資料が該当し、46p、30cmなどの書誌事項は確認できたが、国内に原典・訳本とも所蔵が国内に見られないため『ハロッズの「ウィスキー読本」』に該当するものかは確認はできなかった。

①『洋酒の飲み方・愉しみ方BOOK』p36
「ザ・マッカラン 12年 ロンドンの老舗百貨店ハロッズの「ウイスキー読本」で、シングル・モルトのロールスロイスと称えられた。(以下略)」

②『シングルモルトの愉しみ方』p125
「ハロッズのウィスキー読本で「シングルモルトのロールスロイス」と称されているザ・マッカラン。」

③『シングルモルト蒸溜所紀行』p40
「「シングルモルトのロールスロイス」 この有名なマッカランの形容が、いつ、どのようにして生まれたかには、二説ある。 一般的には、百貨店のハロッズが出している「ウイスキーカタログ」のコピーライターが編み出した惹句だということになっているのだが、もうひとつ、他ならぬロールスロイスの社長自身が、こういう風に宣伝してくれないかと、蒸留所に申し込んできたのだという説があり、個人的には、ありそうもないだけに、後者の説に惹かれている。」


『Harrods book of whiskies』 edited by Colin Parnell ; text by Tony Lord.
London : Published for Harrods Ltd. by Decanter Magazine, c1978. ,46p,30cm
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 9版)
参考資料
(Reference materials)
①『洋酒の飲み方・愉しみ方BOOK』成美堂出版 ,2008,159p 参照は36p
②田中 四海,吉田 恒道/著『シングルモルトの愉しみ方』学研,2008,179p 参照はp125
③山田 健『シングルモルト蒸溜所紀行』たる出版 ,2005,243p 参照はp40
④大英図書館  https://www.bl.uk/  (2019/1/8確認)
キーワード
(Keywords)
ウィスキー
マッカラン
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2019010913500904762
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 高校生, 中学生
登録番号
(Registration number)
1000253438解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!