このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
西宮市立中央図書館 (2310069)管理番号
(Control number)
6000002704
事例作成日
(Creation date)
2014年07月11日登録日時
(Registration date)
2019年03月20日 16時13分更新日時
(Last update)
2019年07月04日 11時05分
質問
(Question)
下大市ナスについて詳しくのった本と、下大市ナスの畑だったところがどこか地図があればほしい。
回答
(Answer)
下大市ナスとは、西宮市で明治16年に品種改良によって栽培が開始され、西宮市下大市地域で多く栽培されたこ伝統野菜のことと思われる。
以下の4点の資料では、「大市茄子(オイチナス)もしくは(オオイチナス)」と紹介。

1、大市茄子について詳しく載っている本は、以下4冊をご案内。

『平成十九年度 親と子の郷土史講座』のp42”伝統野菜を味わおう”
「大市茄子(おおいちなす)」について、「西宮市で明治16年に品種改良によって栽培が開始された茄子。西宮市下大市地域で多く栽培されたことが名前の由来。樹勢が強く果実は中長、濃黒紫色で光沢がいいです。一般の茄子よりも皮が固く実も柔らかく、甘いです。大阪、神戸、姫路などに出荷されていましたが、戦後まもなく姿を消してしまいました。その茄子が2004年におよそ50年ぶりに店頭に並びました。」と地産地消の取り組みとして、地域の直売店で売られていることが紹介されている。

『下大市今昔物語』(p101)に、明治16年に旱魃・虫害があったためか、高木種蔵・久保田清右衛門が、農家の副業として茄子苗養成の促成栽培をするため、河内や和泉の先進各地を廻り教えを受け、温床栽培に成功したこと。そしてこれを全農家に広め大正・昭和を通じて、副収入の重要な部分を占めていたことが記述されている。

その他『下大市の民俗』(p42~)、『阪神の野菜』(p53~)に記載あり。

2、「ナスの畑だったところの地図」については、大市茄子栽培開始前ではあるが、『下大市の民俗』p48の「西宮市下大市(門戸厄神近く)≪武庫郡下大市村≫村絵図〈明治7年写し〉」に、田や畑、屋敷地の分布が示されている。
回答プロセス
(Answering process)
西宮市の資料で野菜について述べた資料にあたる。また、下大市の歴史について述べられた資料も確認する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『平成十九年度 親と子の郷土史講座』西宮市立郷土資料館/編集発行 2007年
松岡 孝彰 著 , 松岡‖孝彰. 下大市今昔物語. 下大市自治連絡協議会, 1963.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I045280864-00
西宮市教育委員会 編 , 西宮市教育委員会. 文化財資料 第25号. 西宮市教育委員会, 1982.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I046184968-00
京啓一 著 , 京, 啓一, 1949-. 阪神の野菜 : その歴史と技術. [京啓一], 1998.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002721442-00
キーワード
(Keywords)
大市茄子(オオイチナス、オイチナス)
下大市(シモオオイチ)
伝統野菜
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000253332解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!