このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000252846
提供館
(Library)
相模原市立図書館 (2210034)管理番号
(Control number)
相市-H30-17
事例作成日
(Creation date)
2019年01月13日登録日時
(Registration date)
2019年03月09日 11時01分更新日時
(Last update)
2019年04月20日 14時44分
質問
(Question)
『嘉元記』の一部現代語訳が知りたい。
回答
(Answer)
④と⑥の資料を提供した。
回答プロセス
(Answering process)
①『法隆寺史料集成 5』法隆寺昭和資財帳編纂所/企画 ワコー美術出版 1984
・巻頭の凡例によると「本書の解説に際して荻野仲三郎氏の『嘉元記解題』及び『法隆寺献納宝物』所収の「嘉元記」解説を参考とした」と、ある。
②『嘉元記』荻野 仲三郎/編 1936(国立国会図書館デジタルコレクション書誌ID:000000707667)
③『特別展 法隆寺献納宝物』東京国立博物館/編 東京国立博物館 1996【709.1 S24179749】
・訳文は確認できず。

●市内OPACで“嘉元記”で検索
④『寺院・検断・徳政』勝俣 鎮夫/編 山川出版社 2004【185.91 S22974166】
・p377-嘉元記についての用語集がある。
⑤『国史大辞典 第3巻 か』国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1983【R210.0 S02039345】
・p224-『嘉元記』に関する参考文献は載っているが、現代語訳が載っている資料かどうかは不明。

●該当箇所に記述されていた単語(“相撲”と“龍池”)と“嘉元記”で、Google Booksで検索。
⑥『論集中世の文学散文篇』久保田 淳/編 明治書院 1994
(→県内相互貸借で取寄せる。)
・p219-該当箇所の現代語訳と思われるものがある。

※【 】内は自館の請求記号と資料コードです。
事前調査事項
(Preliminary research)
『嘉元記』とは、法隆寺で働いていた人たちの日記のようなもの。
国立国会図書館デジタルコレクションで『嘉元記』は全文を読めるが、現代語訳が見つからず、質問者は以下①の国立国会図書館の資料の一部複写を持参して「現代語訳を知りたい」と来館された。
①『法隆寺史料集成 5』法隆寺昭和資財帳編纂所/企画 ワコー美術出版 1984
NDC
各宗  (188 10版)
参考資料
(Reference materials)
『法隆寺史料集成 5』法隆寺昭和資財帳編纂所/企画 ワコー美術出版 1984
『嘉元記』荻野 仲三郎/編 1936
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000707667-00
『特別展 法隆寺献納宝物』東京国立博物館/編 1996
『寺院・検断・徳政』勝俣 鎮夫/編 山川出版社 2004
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007504360-00 , ISBN 4634521903
『国史大辞典 第3巻 か』国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1983
『論集中世の文学散文篇』久保田 淳/編 明治書院 1994
キーワード
(Keywords)
嘉元記
法隆寺
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000252846解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!