このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
高松市中央図書館 (2300089)管理番号
(Control number)
高松市1019-002
事例作成日
(Creation date)
2017年8月10日登録日時
(Registration date)
2019年01月19日 10時12分更新日時
(Last update)
2019年02月18日 10時52分
質問
(Question)
香川に向田邦子さんが住んでいたと聞いたのですが、どこに家があったか、わかりますか?(旅行者一般男性)
回答
(Answer)
向田邦子は、香川県高松市の、父の勤めていた生命保険会社の社宅に住んでいた。
場所は、玉藻城(高松城)のお濠隣り、現在でいうと、寿町交差点の角地。
 ※昭和16年(1941年)12歳~昭和17年(1942年)13歳の期間、高松市に居住。
回答プロセス
(Answering process)
1.「高松に住んでいたのか?」という疑問から始まり、
   著作を調べると、向田邦子の著作『父の詫び状』の一節、「隣の匂い」の中に、
   高松の社宅に住んでいたという記載があった。

2.郷土資料『香川県雑学読本 続』にも、転勤族の子だった向田邦子の様子が描かれている。
  『向田邦子全集新版11』の年譜にも、記載あり。
  昭和16年(1941年)12歳~昭和17年(1942年)13歳の期間、高松市に居住。

3.住んでいた時期が判明したので、昔の住宅地図も調べたところ、
  『戦災前(1945年、昭和20年7月)の高松住宅地図』の中に、玉藻城(高松城)のお濠隣り、
  現在でいうと、寿町交差点の角地に、向田邦子が住んでいた社宅の場所の記載があった。

  ※注※ この地図は、「戦災前の高松市住宅地図を復元する会」が、編纂したものであり、
      1945年の戦災直前の住宅地図を復元する上で、
      過去発行された資料「高松市住宅地図」「大高松市」「高松都市計画図」「航空写真」などを収集し、
      復元図を作ったものである。
      縮尺1/1500とし、高松市中心市街地を44のブロックに分割、
      戦災前と現在を比較できる地図となっている。

4.この事実を、旅行者にお伝えした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
記録.手記.ルポルタージュ  (916)
日本  (291)
参考資料
(Reference materials)
向田邦子/著、『父の詫び状』、文春文庫, ISBN 978-4-16-727701-7
阿津秋良/著、『香川県雑学読本 続』、丸山学芸図書, ISBN 4-89542-139-2
戦災前の「高松市住宅地図を復元する会」/編著、『戦災前の高松市住宅地図(縮尺1/1500)復刻版』、四国建設弘済会
向田邦子/著、『向田邦子全集新版11』、文藝春秋, ISBN 97846417803
キーワード
(Keywords)
向田邦子
高松
戦災前の高松市住宅地図
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000250377解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!