このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000247174
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M18091117490472
事例作成日
(Creation date)
2018/09/11登録日時
(Registration date)
2018年12月05日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年12月19日 00時31分
質問
(Question)
2000年にあった、中学生による5000万円恐喝事件について知りたい。
回答
(Answer)
①2000年4月、名古屋市内の中学生が5000万円にのぼる現金を脅し取られていたことがわかり、15歳の少年3人が傷害と恐喝の容疑で逮捕された。被害者の中学生は、同級生らから70回以上にわたって現金を脅し取られており、母親は、息子が「カネを渡さないと殴られる」などと言って暴れるため、仕方なく死亡した夫の生命保険や預貯金まで取り崩していた。加害少年らは脅し取った現金を、ゲーム・飲食等の遊興費、風俗、タクシー代などに使っていた。
被害少年は前年の1999年6月、加害少年らから「カネをよこせ」などと因縁をつけられた際、自分の預金口座から19万円を引き出して渡したが、これをきっかけに「金づる」にされた。被害少年の母親は、3年前に夫を事故で亡くしていたが、夫の約2000万円の生命保険金、預金まで取り崩し、それでも足りなくなると、実父に借金をして用立てていた。
この事件は、市民の手によって発覚する。2月15日、被害少年が、加害少年などにより暴行を受け、入院した病室で同室になったある男性が、被害少年に事情を聞くと、「5人とけんかして、4人には勝ったけど、最後の一人にやられた」と聞かされる。この男性は「ケンカでこんなになるわけがない。イジメにあっている」と直感したが、少年が心を閉ざすことを心配しそれ以上は聞かなかった。数日後、被害少年の同級生らが訪ねてきて、少年を屋上に連れ出した。心配した男性ら3人が屋上に駆けつけ、同級生らを怒鳴りあげて追い返した。その夜男性らが被害少年に話を聞いたところ、いじめられてお金を取られていることを少しずつ話すようになった。数日後にこの男性は退院するが、2月下旬、被害少年のことが心配で病院を訪れた男性は、入院患者から5000万円を超える恐喝の事実を聞かされた。あまりの金額の多さに、男性らは被害少年と母親に警察に被害届を出すことを薦めた。
②には、主犯格の加害少年の両親による手記が掲載され、事件前後の概要がより詳細に記述されている。また裁判についての詳細な記録もあり、2000年6月8日、加害少年らに中等少年院に送致される判決が、家裁より出されたことがわかる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会病理  (368 9版)
参考資料
(Reference materials)
柿沼昌芳, 永野恒雄『学校の中の事件と犯罪 : シリーズ 2(1986-2001) 』 批評社,2002,213p. 参照はp.153-159.

少年の両親『息子が、なぜ : 名古屋五千万円恐喝事件 : 両親悔恨の手記 』 文藝春秋,2001,287p.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2018091117450890472
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000247174解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!