このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000241369
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000020272
事例作成日
(Creation date)
2016年02月19日登録日時
(Registration date)
2018年08月28日 19時22分更新日時
(Last update)
2018年08月28日 19時30分
質問
(Question)
インターネットで調べたところ、おそらく明治時代に小山新助(こやましんすけ)という人が山梨のワイン関係者にいるようだが、この人物について何かわかるものはないか。
回答
(Answer)
『日本ワイン文化の源流』(上野晴朗著 サントリー 1982)の「登場人物紹介」によると、
・1861(文久元)年12月6日-1941(昭和16)年12月7日、東京都生まれ。中央線建設で出入りしていた山梨県の登美(現甲斐市双葉地区)の土地を入手、小山開墾事務所を設けてぶどう栽培に着手した。
・1913(大正2)年、会社を大日本葡萄酒株式会社と改める。二男を重役に立て、自らは土木建築業に専念した。土木建築業では多額納税者の一人だった。
・大日本葡萄会社は帝国シャンパン株式会社と改称、その後倒産した。
とある。詳細は参考資料をご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
1.山梨のぶどう栽培・ワインに関する資料を見る。
2.山梨県関係の人名辞典類を見る。
3.インターネットで調べる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
食品工業  (588 9版)
参考資料
(Reference materials)
上野晴朗 著 , 上野, 晴朗, 1923-2011. 日本ワイン文化の源流 : ライン,ボルドーをめざす夢. サントリー, 1982. (サントリー博物館文庫 ; 3)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001547028-00  (p.239-240)
上野 晴朗/著 , 上野‖晴朗. 山梨のワイン発達史 : 勝沼ワインの100年の歩み. 勝沼町, 1977.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005733399-00  (p.189-192)
ぶどう酒物語. 山梨日日新聞社, 1978.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005680694-00  (p.93-95)
双葉町誌編集委員会/編 , 双葉町誌編集委員会. 双葉町誌. 双葉町, 1977.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005732212-00  (p.677-678)
山梨教育会北巨摩支会 編 , 山梨教育会. 北巨摩郡誌. 名著出版, 1976.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001221395-00  (p.11-12)
山梨県師範学校, 山梨県女子師範学校 共編 , 山梨県師範学校 , 山梨県女子師範学校. 山梨県綜合郷土研究. 名著出版, 1978.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001907056-00  (p.352)
キーワード
(Keywords)
小山新助
ワイン
登美
ぶどう(葡萄)
ぶどう栽培
小山開墾事務所
大日本葡萄酒
葡萄酒
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
サントリーHP「日本ワインの歴史」(サントリー(株))
https://www.suntory.co.jp/wine/nihon/column/rekishi01.html (2018.8.28確認)

「山梨日日新聞」2009年 (平成21年) 07月22日(9面)「連載・登美の丘ワイナリー100年の歩み 上」
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000241369解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!