このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2018-025
事例作成日
(Creation date)
2017年09月17日登録日時
(Registration date)
2018年07月20日 19時10分更新日時
(Last update)
2018年09月19日 11時32分
質問
(Question)
国弊社、官幣社が宮内庁からもらう幣帛とはどんなものなのか知りたい。
回答
(Answer)
下記の資料を紹介した。
『神道いろは 神社とまつりの基礎知識』(神社本庁教学研究所監修 神社新報社 2004)
 p218-219「幣帛(へいはく)とは祭祀において神々に対する祈願などのために奉られるものです。「幣」「帛」が共に布にちなむ意味を持つことから、古くより絹や麻、木綿(ゆう)などの布帛を柳筥(やないばこ)に納めてお供えをしました。この布帛の代りに貨幣をもってお供えするのが幣帛料です。(中略)明治の神社制度では、官国弊社には例祭などの折、幣帛現品もしくは幣帛料と神饌料がそれぞれ奉られました。官幣社には例祭に皇室より幣饌料の御奉納があり、国幣社の例祭には国庫より供進されました。(中略)戦後は、神社本庁より包括化の神社の例祭などの祭祀に「本庁幣」として貨幣が供進されています。」

『神道史大辞典』(薗田稔、橋本政宣編 吉川弘文館 2004)
 p876-877「幣帛」の項あり。
『神道大辞典 第3巻 ト-ワ』(臨川書店 1974) 
 p240-241「ヘイハク 幣帛」の項あり。
『日本大百科全書 20 ふ-へか』(小学館 1988)
 p903「幣帛 へいはく」の項あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 参考図書を〈幣帛〉で検索する。
『神道大辞典 第3巻 ト-ワ』(回答資料)
『日本大百科全書 20 ふ-へか』(回答資料)
『神道史大辞典』(回答資料)

3 NDC分類〈170〉の棚にあたる。
『神道いろは 神社とまつりの基礎知識』(回答資料)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神道  (170 9版)
参考資料
(Reference materials)
『神道いろは 神社とまつりの基礎知識』(神社本庁教学研究所監修 神社新報社 2004), ISBN 4-915265-99-4
『神道史大辞典』(薗田稔、橋本政宣編 吉川弘文館 2004), ISBN 4-642-01340-7
『神道大辞典 第3巻 ト-ワ』(臨川書店 1974), ISBN 4-653-00289-4
『日本大百科全書 20 ふ-へか』(小学館 1988), ISBN 4-09-526020-3
キーワード
(Keywords)
幣帛
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000238769解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!