このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000232866
提供館
(Library)
台東区立中央図書館 (2300075)管理番号
(Control number)
台東区-10070
事例作成日
(Creation date)
2018年01月15日登録日時
(Registration date)
2018年03月22日 11時19分更新日時
(Last update)
2019年07月01日 15時37分
質問
(Question)
泪橋の由来について
回答
(Answer)
『道路・橋梁考』より
台東区北辺を流れていた思川に泪橋という橋がかけられていた。(略)涙橋とも書いた。

伝承によると次のようなものである。
小塚原刑場で刑を執行される囚人達が、現生を去るに際し涙を流しながらこの橋を渡った。或は囚人の知己が今生の別れを惜しみ、
涙で袖をぬらしながらこの橋の畔で刑場につれられて行く肉身・縁者・友人を送った。
このような事柄にちなんで、里俗泪橋と称したという。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213)
橋梁工学  (515)
参考資料
(Reference materials)
東京都台東区. 道路・橋梁考. 東京都台東区, 1963. (台東叢書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001050409-00  (台東区(111511168) P204、179)
石本馨 著 , 石本, 馨, 1957-. 大江戸橋ものがたり. 学習研究社, 2008.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009307680-00 , ISBN 9784054037236 (台東区(113313688) P250)
キーワード
(Keywords)
泪橋
地名の由来
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000232866解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!