このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000218122
提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域503
事例作成日
(Creation date)
2017年06月30日登録日時
(Registration date)
2017年06月30日 14時43分更新日時
(Last update)
2017年06月30日 14時46分
質問
(Question)
『泉の風土と歴史』(岡部泰寿 1983)P12、『磐城市の歴史』(高萩精玄 1966)P12には、「富ヶ浦」という呼称が出てくるが、現在のいわき市小名浜付近の町名、字名には存在しないようだ。この名の由来や出典などについて記された資料はあるか?
回答
(Answer)
質問にある『泉の風土と歴史』には、現在の釜戸川(旧名 八帆入川 やほいりがわ)沿い、泉町下川に津(港)が開かれ、中世期には大変賑わっていたこと、この湾は「富ヶ浦」と称したこと、などが書かれています。

以下の資料でも、「富ヶ浦」と呼ばれたあたりは、中世期にはとても栄えた場所で港があった、という記述が確認できましたが、「富ヶ浦」の由来などについて記された資料は確認できませんでした。

・『滝尻城跡A 中世城館跡の調査』(いわき市教育文化事業団 1994)
 「2 滝尻城の時代背景について」のP17,19に、富ヶ浦と呼ばれていた辺りは、中世期には多数の船舶が往来し、宿を形成し、流通の拠点だったことなどについて記述あり。
・「中国古銭出土をめぐる下川港の史的雑考 織内英胤」(『いわき地方史研究 創刊号』P20~)
・『福島の歴史地理研究』(鈴木貞夫 1992)P66
・『藤原川流域紀行』(いわき地域学会出版部 1991)
 P168-171「八帆入川の宋銭」
回答プロセス
(Answering process)
1.資料を調査
 上記回答のとおり。
 以下の資料についても調査するが、地名由来などは分からなかった。

・『磐城市郷土誌資料集』(K/210.1-1/イ)
 P16に小名浜町の町名由来について「富ガ浦、里見浦の荘、或は女浜と唱えられていたが、後小名浜と改められ…」とあった。
・『地名の変化にみる、いわきの近代化』(K/291/チ)
・『絵はがきの中の「いわき」』(K/210.6-1/イ)
・『ふるさといわき抄』(K/291/タ)
・『日本歴史地名大系7 福島県の地名』(K/291/ニ)
・『下川郷土史』(K/210.1-1/シ)
・『ふるさと下川を知ろう』(K/210.1-1/シ)
・『石城郡町村史』(K/210.1-1/モ)
・『みちのくいわき ふるさと発見』(K/210.1-1/ヒ)
・「磐城風土記」(『岩磐史料叢書 下』所収)(K/210.0-0/ガ)
・『陸奥国磐城名勝略記』(K/291/ナ)
・『いわき市史』各巻  など
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料①】『泉の風土と歴史』[K/210.1-1/オ・1112026081]
【資料②】『磐城市の歴史』[K/210.1-1/タ・1110100086]
【資料③】『滝尻城跡A』[K/210.2-1/イ・1110044094]
【資料④】『いわき地方史研究 創刊号』[K/210.0-1/イ・1112063399]
【資料⑤】『福島の歴史地理研究』[K/291/ス・1110092853]
【資料⑥】『藤原川流域紀行』[K/291/フ・1110093448]
キーワード
(Keywords)
富ヶ浦 とみがうら
いわき 地名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000218122解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!