このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
伊丹市立図書館 本館「ことば蔵」 (2300062)管理番号
(Control number)
158
事例作成日
(Creation date)
2015年10月28日登録日時
(Registration date)
2016年12月20日 16時50分更新日時
(Last update)
2020年10月06日 18時37分
質問
(Question)
・『茶経:全訳注』布目潮渢/著 講談社 2012年(158171494 B/791/C)
・『茶の本』岡倉天心/著 桶谷秀昭/訳 講談社 1994年(158447524 B791/C)
以外に、中国の茶文化について書かれた本はありますか。
回答
(Answer)
・『中国喫茶文化史』布目潮渢/著 岩波書店 1995年(153092235 383.8/C)
・『茶の世界史:中国の霊薬から世界の飲み物へ』
  ビアトリス・ホーネガー/著 平田紀之/訳 白水社 2010年(157158247 383.8/C)
・『中国茶読本』島尾伸三/著 平凡社 1996年(154154992 596.7/C)
・『茶茶茶』南広子/著 淡交社 1990年(151434471 617.4/C)
・『中国茶風雅の裏側:スーパーブランドのからくり』平野久美子/著 文芸春秋 2003年
 (154746427 619.8/C)
・『茶の世界史:緑茶の文化と紅茶の社会』角山栄/著 中央公論社 1981年(110636003 619.8/C)
・『中国茶図鑑』工藤佳治/著 兪向紅/著 丸山洋平/写真 文芸春秋 2000年(156686071 619.8/C)
・『年表茶の世界史』松崎芳郎/編著 八坂書房 1992年(151767210 619.8/N)
回答プロセス
(Answering process)
中国では、茶がどのようにして文化に浸透していったか知りたい、とのことだったので、
件名「茶」「茶-歴史」で検索。
(件名に「中国」を加えたら、ほとんどヒットしなかった)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383)
食品.料理  (596)
農産物製造.加工  (619)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000203899解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!