このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
尼崎市立歴史博物館 地域研究史料室 “あまがさきアーカイブズ” (5000006)管理番号
(Control number)
115
事例作成日
(Creation date)
2016年12月15日登録日時
(Registration date)
2016年12月15日 19時54分更新日時
(Last update)
2016年12月15日 19時58分
質問
(Question)
現尼崎市域の伝統食と言える料理や食材にどういうものがあるか、調べたい。
回答
(Answer)
現尼崎市域には、かつては地域性を反映したさまざまな伝統食料理・食材があったものと思われます。たとえば市域南東部の小田地区と神崎川の歴史的な関わりを記録した『ふるさと-神崎川と小田』には、神崎川で採れるジャコ(雑魚、さまざまな小魚)と大豆、昆布を使ったジャコ豆という料理をはじめ、地域性豊かな料理のいくつかが紹介されています。
しかしながら、明治期以降都市化が進み、九州・沖縄地方や四国地方をはじめ西日本各地から多くの人口が流入した現尼崎市域では、各地方出身者のコミュニティを反映した郷土料理や食材を提供する店がある一方で、『ふるさと-神崎川と小田』が紹介するような地域に伝わる伝統的な料理・食材は消えていったものと思われます。
そうしたなか、いまに伝わる伝統食材と言えるのが、魚のすり身を加工した蒲鉾、あるいはすり身を揚げた"天ぷら"です。かつて漁港であり魚の集散地として栄えた尼崎地域の歴史的特徴を反映した食品であり、市域のうち中央地区の歴史を綴った『ふるさと「尼崎」のあゆみ-写真が語るあまがさき-』や、現代の尼崎の名品を紹介する『メイドインアマガサキカタログ』などが、いまに続く食材としての特徴や老舗の店舗などを紹介しています。
回答プロセス
(Answering process)
1 蒲鉾や、魚のすり身を揚げた"天ぷら"を紹介する文献
◆『ふるさと「尼崎」のあゆみ-写真が語るあまがさき-』(本庁地域写真集刊行実行委員会,1994)
 p123「カマボコ」に、尼崎市域のうち本庁地区(現中央地区)界隈の老舗店舗などを紹介している。
◆『メイドインアマガサキカタログ』(尼崎中央三和出屋敷商業地区まちづくり協議会,2003)
 尼崎を代表する製品のひとつとして、メイドインアマガサキコンペのグランプリを受賞した"天ぷら"(揚げ蒲鉾)の老舗「尼崎枡千」を取り上げ、「ねりもの街・尼崎」の歴史を解説している。

2 小田地区の生活史と神崎川の関わりについて記録する文献
◆『ふるさと-神崎川と小田』(同発刊実行委員会,1995)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383)
参考資料
(Reference materials)
本庁地域写真集刊行実行委員会 編 , 本庁地域写真集刊行実行委員会. ふるさと「尼崎」のあゆみ : 写真が語るあまがさき. 本庁地域写真集刊行実行委員会, 1994.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I046170684-00  (当館請求記号 219/A/ホ)
メイドインアマガサキカタログ. 尼崎中央三和出屋敷商業地区まちづくり協議会, 2003. (当館請求記号 675.6/A/ア)
『ふるさと』発刊専門部会 編. ふるさと : 神崎川と小田. 『ふるさと』発刊実行委員会, 1995.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002539823-00  (当館請求記号 219/A/フ)
キーワード
(Keywords)
伝統食
蒲鉾
天ぷら
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000203304解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!