このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000198812
提供館
(Library)
小牧市立図書館 (2300050)管理番号
(Control number)
小牧市本館2016-009
事例作成日
(Creation date)
2014年04月01日登録日時
(Registration date)
2016年10月27日 15時54分更新日時
(Last update)
2016年10月27日 15時58分
質問
(Question)
「小牧焼」について知りたい。
回答
(Answer)
「小牧焼」の起源は明治時代後期。明治38年に小牧出身の斎藤圀次郎の提案を受けて、賛同者の資産家、穂積伊佐衛門らにより窯が設けられたのが始まりである。明治39年頃「小牧名物小牧焼」として宣伝、製造されるが日露戦争、江濃地震の影響で衰微した。日用の陶器類があるが、圀次郎は実用品よりも美術品として製作を行った。
回答プロセス
(Answering process)
・「小牧市記事索引」より「小牧焼」の項目を参照。①に起源から衰退までの解説がある。
②には作品の写真あり。
・①の資料に参考資料として挙げられていた③を参照すると、さらに詳細な記述と作品写真・解説あり。
①小牧の産業史話(小牧叢書14)(AK602/コ)
②小牧のやきもの展(AK751/ヒ)
③小牧の茶の湯と忌辰録(AK280/ヒ)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『小牧の産業史話』 小牧市教育委員会 1996年
『小牧のやきもの展』 日比野猛 2000年
『小牧の茶の湯と忌辰録』 日比野猛 1984年
キーワード
(Keywords)
小牧焼
製陶業
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査に使用した「小牧市記事索引」(AK025/コ)は、小牧市の歴史的記事(文化財、地名、伝説、事件、人物など)について、参照すべき主要な文献と記述のある頁を示した事務用のレファレンスツールである。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000198812解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!