このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
愛知県産業労働センターあいち労働総合支援フロア産業労働情報コーナー (4110003)管理番号
(Control number)
愛労情報H28-005
事例作成日
(Creation date)
2016年05月31日登録日時
(Registration date)
2016年06月02日 12時38分更新日時
(Last update)
2016年06月02日 12時38分
質問
(Question)
在宅勤務の事例・留意点が知りたい。
回答
(Answer)
 -図書-

・『在宅勤務―導入のポイントと企業事例―』 / 木谷宏[ほか]著 ; 全国労働基準関係団体連合会 , 2009

・『在宅勤務の導入に向けた就業規則のポイント』 / 全国労働基準関係団体連合会編; 全国労働基準関係団体連合会 , 2004 

-雑誌記事-

・雑誌記事:『Business Labor Trend 490号』2016.01 労働政策研究・研修機構 “多様な勤務形態を活用して環境改善を図る企業労使―事例1 三菱ふそうトラック・バス株式会社 取得要件なしの在宅勤務やコアタイムを設けないフレックスタイムで柔軟な働き方を実施―”p15-19

・雑誌記事:『人事実務 1142号』2014.11 産労総合研究所発行 “ICTを活用した「在宅勤務」導入の実践アドバイス(特集 ICTツールを活用した働き方改革)/事例、「デジタル・アナログ働き方改革」の6社の取組み、在宅勤務規定など” p12-40

・雑誌記事:『人事実務 1127号』2013.07 産労総合研究所発行 “NTTコミュニケーションズ―テレワーク対象者を柔軟に変更して、災害時や節電対策時に対応―(特集 安全・安心な職場づくり(災害時対策))” p22-27

・雑誌記事:『総務 626号』2014.04 ウィズワークス発行 “「柔軟な働き方」で社会を変える―日本型テレワークの在り方とは―(特集 多様な働き方をサポートするユニバーサル就労の最前線)” p14-19

・雑誌記事:『労政時報 3873号』2014.09 労務行政発行 “ネットワンシステムズ―テレワーク、フレックスタイム、シフト勤務を軸に「働き方の工夫」へ向けた意識変革を促す―(特集1 労働時間削減と生産性向上策事例―継続した取り組みで成果を上げる4社の事例―)” p48-58

・雑誌記事:『労政時報 3900号』2015.12 労務行政発行 “日本マイクロソフト―カスタマーサポート部門が挑戦した「テレワーク週間2015」。広がるテレワークの可能性―(先進的な取り組みをしている企業の現場をレポート/企業ZOOM IN⇔OUT)” p104-111

・雑誌記事:『近代中小企業 665-669号』2016.01-05 中小企業経営研究会発行 “新しい基準!在宅勤務のすべて 連載5回”

・雑誌記事:『労働基準広報 1862号』2015.08 労働調査会発行 “アステラス製薬―柔軟な労働時間制度で働きやすさと生産性の向上に成果 6 在宅勤務の拡大を検討 ―(取材シリーズ/人事大事の時代<事例編> 18) ” p20-27
回答プロセス
(Answering process)
当コーナーOPAC(URL: http://sv2.opac.jp/paop/cgi-bin/index.cgi?LibId=059td4q )で「在宅」のキーワードを当て、図書、雑誌記事検索を試みた。

「在宅」でヒットしたものから、図書では上記2点を、雑誌記事では在宅勤務関係の記載があるものを質問者に提供した。また、提供記事内容から「テレワーク」、「ICT」などのキーワードを得て再検索した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
経営管理  (336 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
在宅
テレワーク
ICT
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
労務管理
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000192869解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!