このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000192803
提供館
(Library)
尼崎市立地域研究史料館 (5000006)管理番号
(Control number)
102
事例作成日
(Creation date)
2016年05月30日登録日時
(Registration date)
2016年05月30日 16時46分更新日時
(Last update)
2016年05月30日 16時50分
質問
(Question)
旧尼崎城の瓦や石柱といった遺物は残っているのか。どこに保管されているのか。
回答
(Answer)
近世初期に築城された尼崎城は、明治初期に廃城となり、その遺構は残っていません。南城内にある市立文化財収蔵庫には、旧尼崎城のしゃちほこや鬼瓦、城跡から発掘された陶磁器などが保管・展示されています。旧城のしゃちほこは、尼崎市総合文化センターにも保管されています。
また、同じ南城内にある櫻井神社境内には、鬼瓦や、城の橋脚を加工したと伝えられる石材の碑などが遺っています。この石碑は、一桜井亀文(いちおうせいきぶん)と号した藩主・松平忠告(ただつぐ)の句碑で、難波八幡神社境内にも、同じく橋脚を加工したと伝えられる忠告の句碑があります。また南城内・明城小学校の南側には、同じ橋脚石材の尼崎城址碑が建てられています。
旧尼崎城の石垣石と思われる石も、市立文化財収蔵庫や市内小学校の敷地内など各所に遺っていて、郷土史家の方々がその所在について調査しています。
回答プロセス
(Answering process)
1 旧尼崎城の遺物を保管・展示する市立文化財収蔵庫について
http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/bunkazai_0/

2 市立文化財収蔵庫に保管される旧尼崎城の鬼瓦について
◆『南部再生』第39号「尼崎コレクション」Vol.11
http://www.amaken.jp/nambu/39/09.htm

3 櫻井神社境内にある旧尼崎城の鬼瓦、藩主句碑について
◆『櫻井神社物語 百年祭記念誌』
◆尼崎市神社あんないWebサイト 櫻井神社のページ
http://www.ama-jinja.org/09-sakurai.html
◆『図説尼崎の歴史』下巻/Web版図説尼崎の歴史
 近代編 第1節2コラム「尼崎城の廃城」執筆者:山崎隆三・地域研究史料館
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/chronicles/visual/04kindai/kindai1-c1.html
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216)
参考資料
(Reference materials)
南部再生研究室『南部再生』第39号 2011.6 (逐次刊行物)
『櫻井神社物語 百年祭記念誌』櫻井神社奉賛会 1982 (当館請求記号 175.1/A/ア)
『図説尼崎の歴史』下巻 尼崎市 2007 (当館請求記号 219/A/ア)
キーワード
(Keywords)
尼崎城
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000192803解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!