このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
塩尻市立図書館 (2310060)管理番号
(Control number)
塩尻307
事例作成日
(Creation date)
2015年3月8日登録日時
(Registration date)
2015年11月20日 17時41分更新日時
(Last update)
2015年11月29日 15時04分
質問
(Question)
満蒙開拓団に参加した塩尻の人について、大体の人数を知りたい。また、名簿はあるか。
回答
(Answer)
大まかな人数でよいとの事だったので、塩尻市誌に記載されている人数(561人)と楢川村誌に記載されている人数(212人)をあわせ、約800人ほどと回答した。

名簿については、塩尻市(楢川村と合併前)の満蒙開拓犠牲者のものはまとめてあるが、生存者と楢川村の名簿についてはまとめられていなかった。
詳しく調べたい場合は『長野県満州開拓史 名簿編』をご覧いただくようご案内した。
回答プロセス
(Answering process)
【資料1】p374の表2・67(満州開拓団の団別団員数と死亡者数・昭和20年8月9日)に382人とある。p375の表2・68(満蒙開拓青少年義勇軍・義勇隊の団別数と死亡者数・昭和20年8月9日)に義勇軍の人数(179人)もあり。
同じページの表2・69(満州移民の送出町村別の小口)に戸数と人数が簡易にまとめられており、合わせると561人になる。
それぞれの表は【資料3】より作成されている。

【資料2】p649から満州移民と蘭花楢川村開拓団についての記述があり、p663の表・109(蘭花楢川村開拓団の戸口・昭和20年8月)に開拓団と勤労奉仕隊を合わせた在籍人数が212人とある。それ以外にも数名が別の開拓団として参加した記述があるが、人数がまとめられているものはなかった。表は『長野県満州開拓史 各団編』より作成されている。

【資料3】昭和20年8月9日現在、本籍地が長野県内にあった開拓団員、義勇隊開拓団員、義勇隊員および家族を各団ごとに記載している。

【資料4】満蒙開拓犠牲者の名簿が記載されている。『長野県満州開拓史 名簿編』をもとに、村・地区誌・役場名簿等他の資料を調査し確認して記載したとあるが、確認できない方があり、調査不十分で記載漏れの方もあるかと思われるとの注あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中部地方  (215 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】塩尻市誌編纂委員会 編 , 塩尻市. 塩尻市誌 第3巻(近代・現代). 塩尻市, 1992.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002229494-00
【資料2】楢川村誌編纂委員会/編集 , 楢川村誌編纂委員会 , 楢川村誌編纂委員会. 木曽・楢川村誌 4 近代編. 楢川村.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I059085338-00
【資料3】長野県開拓自興会開拓史刊行会/編 , 長野県開拓自興会開拓史刊行会. 長野県満州開拓史 名簿編. 長野県開拓自興会開拓史刊行会, 1984.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I058748660-00
【資料4】塩尻市誌編纂委員会. 塩尻市の戦没者名簿・満蒙開拓犠牲者名簿. 塩尻市, 1993.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000184264解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!